フォト
無料ブログはココログ

« 囲碁とAI <我々に訪れる未来> | トップページ | 10年後の仕事図鑑 »

2019年7月29日 (月)

本屋の新井

本屋の新井 新井見枝香 講談社

Photo_20190720001701

 元三省堂書店のカリスマ店員にして、文学賞の新井賞を主宰しておられる新井見枝香氏のエッセイ。

 新井見枝香氏は、スーパーで値引きシールが貼ってあるもやしを、ついつい買ってしまってことを引き合いにして、

もし新刊書店で値引きシールを貼った本が紛れ込んでいたら、私は本当に読みたい本を選ぶことができるだろうか。たまたま買おうと思った本にシールが貼ってあっただけだ、とどうして言い切れる?

とおっしゃる。そして、「値引きシールを本に貼ってもいい日が来ないことを祈っております。」らしい。

 これって、電子書籍では、期間限定で値引きされたり、無料だったりする「値引きシール」が貼られたものがある。そして、特に読みたいと思わなくてもついポチってしまう。根が貧乏人だから。中には読まなきゃ良かったと思う本もあって、俺の時間を返せ!と言いたくなるが、自業自得、自分が卑しいからだ。(^^ゞ

 芥川賞、直木賞発表後に、候補作品を棚から片付けるのが嫌で新井賞を始めた人だから、紙媒体の書籍にこだわっているのかと思ったら、そこまでこだわりはないようだ。

 まえがきでは、

苦境に立たたされつつも本を愛する健気な書店員をお求めなら、それは人違いである、

とある。



最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 囲碁とAI <我々に訪れる未来> | トップページ | 10年後の仕事図鑑 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 囲碁とAI <我々に訪れる未来> | トップページ | 10年後の仕事図鑑 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック