フォト
無料ブログはココログ

« 転勤廃止 <感情論ではなく考えてみる> | トップページ | 27C322 »

2019年8月29日 (木)

コミュ障で損しない方法38 <相手と協力して「気まずさ」をやっつける>

コミュ障で損しない方法38 吉田尚記 日本文芸社

Photo_20190817163901

「コミュ障」という言葉をよく聞くようになった。定まった定義があるわけではなく、「一風変わった人」くらいのニュアンスで使われることが多い。

 この本では「コミュ障」は

医学的な理由でコミュ二ケーションを取れない。という深刻な場合を指して言うのと違い、慣れない人と会うときに緊張してしまう、うまく喋れる自信がない、そんな気持ちを抱えた人

のことらしい。多くの人が当てはまるのではないだろうか。

 なかなか会話ができない人は、会話をコミュケーション=ゲームだと思うとよいのだとおっしゃる。

 コミュケーション=ゲームのルールは簡単で

  • 相手と協力して「気まずさ」をやっつける
  • 制限時間まで、気まずさが訪れなければ勝ち

というもの。

 会話の相手と戦うのではなく会話の相手と協力して気まずさが訪れないようにするのがミソだ。

 「コミュ障」の人が一生懸命コミュニケーションを取ろうとするとたいてい一人で空回りするから、相手と協力すると考えると、ちょっと気が楽になる。

 吉田尚記氏はアナウンサーだから、聞き手としてのコミュケーションが必要だ。
仕事で必要になるコミュケーションには、説明や交渉、合意形成などもある。コミュケーションを拒否している相手とのコミュケーションが必要な場合もある。このコミュニケーションははハードルが高いけど、それ以前に肯定的なコミュケーションも苦手という人はコミュケーション=ゲームから初めると良いかもしれない。苦手克服と考えると憂鬱になるから。

 吉田尚記氏は「空気を読む」のではなくテンションを合わせると良いとおしゃるのだが、テンションを合わせることが苦手な人もいるんだよね。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 転勤廃止 <感情論ではなく考えてみる> | トップページ | 27C322 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 転勤廃止 <感情論ではなく考えてみる> | トップページ | 27C322 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック