フォト
無料ブログはココログ

« 働かないオジサン <自分でキャリアをデザインする> | トップページ | ヒューマン・エラー(2) <対策に終わりはない> »

2019年11月 8日 (金)

NEWTYPE ニュータイプの時代(2) <経験の価値が無くなる時代>


時代を生き抜く24の思考・行動様式 NEWTYPE ニュータイプの時代 山口周 ダイヤモンド社

Newtype

山口周氏は、

これまで私たちは「経験豊富」という要件を無条件にポジティブに評価してきたわけですが、環境がどんどん変化していくということは、過去に蓄積した経験がどんどん無価値になっていくということを意味します。

とおっしゃる。

 歳をとるとそれなりに経験は増える。昔は年寄りの経験は年の功と言われていたが、現在は単に時代遅れの価値観になっているのだろう。

 しかし、年寄りの経験の中には、時代によらす普遍的な智慧もある。自分が体験したことを成功したか失敗したかに関わらず一般化して考えると、経験を智慧にできる。それを怠ると経験は、単なる事例集だ。

 事例を分析して一般化できる人は事例集も参考になる。特に失敗の事例集は宝の山だ。ところが、単に狭い範囲の事例集になっている年寄りの経験は今後役に立たなくなるのだろう。

 では、智慧を蓄えていない年寄りはどうするか?

 ニュータイプ/オールドタイプの違いは年齢ではなく、思考様式や行動様式だろう。これまで評価されてきた、オールドタイプの思考様式や行動様式をかえることは難しい。これまで40年近く働いてオールドタイプの価値にそれほど変化はなかった。しかし、オールドタイプの価値がこの先30年続くとは思えない。

 これから先オールドタイプの価値が減少してニュータイプの価値が増加する変化は予想より速く進むだろう。

年寄りは、
あと何年も働かないなら、時代遅れのジジイとして生きる道はある。新しい価値を求めないで、今ある資産を取り崩しながら生きるのだ。

 中高年が最も危険だろう。
オールドタイプの価値にしがみついてニュータイプへの転換が遅れると、オールドタイプの価値がなくなったときに、時代遅れのジジイで生きるには残りの時間が長すぎる可能性が高い。

 若者がまず確認すべきは、
自分の職場が安定していると思っているかどうかだろう。
自分の職場が安定していると思っている若者は、ニュータイプへの転換が遅れるだろう。安定している職場を選び、今現在安定していると思えるような職場は、オールドタイプばかりだから。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 働かないオジサン <自分でキャリアをデザインする> | トップページ | ヒューマン・エラー(2) <対策に終わりはない> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 働かないオジサン <自分でキャリアをデザインする> | トップページ | ヒューマン・エラー(2) <対策に終わりはない> »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック