フォト
無料ブログはココログ

« ミスしても評価が高い人は、何をしているのか | トップページ | プレゼンの口癖 »

2020年1月29日 (水)

失敗まんだら <まず、失敗事例が共有されること>

もう同じ過ちを繰り返さない! 原因分析が捗る「失敗まんだら」ってどんなもの? STUDY HACKER (2020/01/16)

飯野謙次さんインタビュー「原因分析に効く失敗まんだらとは?」01

「失敗まんだら」は↓こんなもの。

800

↑は飯野謙次氏が自身の過去の失敗を分析して作られたものらしい。
かなり汎用的のような気がするが、自分自身の失敗パターンを反映させて更新することが重要らしい。

 原因を分析する手法は、トヨタの「なぜを5回」が有名だ。しかし、「なぜを5回」は難しい。

 前例が少ない失敗の場合は、なぜなぜ分析などの手法で原因の追求が必要だ。

 自分の失敗のように前例が多い失敗は、一回よく考えて分析して「失敗まんだら」を描いておくと、「なぜを5回」やらなくても、原因の分析が簡単になる。そして、部署の「失敗まんだら」を作って、更新し続けたら、失敗対策が組織の文化になるのだと思う。

 「失敗まんだら」を作るには沢山の失敗事例が必要だから、まず、失敗事例が隠されることなく共有される組織風土が必要だ。



最近の投稿】【最近の事故防止】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« ミスしても評価が高い人は、何をしているのか | トップページ | プレゼンの口癖 »

事故防止」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミスしても評価が高い人は、何をしているのか | トップページ | プレゼンの口癖 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック