フォト
無料ブログはココログ

« 「ご清聴ありがとうございました」 <神は細部に宿る> | トップページ | 幸運の女神の正体 <実はオヤジ> »

2020年2月 4日 (火)

A面に恋をして 名曲誕生ストーリー <いい歌は誰が歌ってもいい>

A面に恋をして 名曲誕生ストーリー 谷口由記 株式会社 リットーミュージック

A

 この本は、原田真二のキャンディ(1977年発売)からGIGGYのGLORIA(1988念発売)まで、昭和の名曲が「どこからどうやって作られたか」というインタビューを基にしている。

  1. 原田真二「キャンディ」
  2. さとう宗幸「青葉城恋唄」
  3. 渡辺真知子「かもめが翔んだ日」
  4. 五十嵐浩晃「ペガサスの朝」
  5. 石川ひとみ「まちぶせ」
  6. 大橋純子「シルエット・ロマンス」
  7. 稲垣潤一「ドラマティック・レイン」
  8. H2O「想い出がいっぱい」
  9. 村下孝蔵「初恋」(語り:須藤晃)
  10. EPO「う、ふ、ふ、ふ、」
  11. 小林明子「恋におちて」
  12. LOOK「シャイニン・オン 君が哀しい」
  13. ZIGGY「GLORIA」

 オヤジ世代には懐かしい曲ばかりだ。
この本を読んで、久しぶりに村下孝蔵とEPOを聞いたらとっても良かった。

 大勢の人の記憶に残るような楽曲は、多かれ少なかれ偶然の産物のようだ。
この本に登場するような人は音楽を職業にしているから、それなりのクオリティでアウトプットできる。
それでも、時代を超えて残るには偶然が必要なようだ。

 偶然が生み出した楽曲は一人歩きし、作り手が楽曲に縛られるようになる。
この本に紹介されているほとんどの歌い手は、それを嫌ってある時期、大ヒット曲から距離を置いている。

 そして、距離を置くことで、改めて良さが分かり、再び歌い始めるようだ。

 この本を読んだのは、大橋純子さんのシルエット・ロマンスのページがあったから。
大橋純子さん曰く、

歌手は一過性のもので、残るのはメロディと詞なんです。だって、良い歌は、誰が歌ってもいいんだもん。邦楽のカバー・アルバムを作ったときにわかりました。いろんな人が歌ってくれる歌は、良い曲なんです。

らしい。
大橋純子さんは2枚のカバー・アルバムをリリースしておられる。


↑(https://www.amazon.co.jp/中央フリーウェイ/dp/B072JWMPLQ)
PrimeMusicで聴ける


↑( https://www.amazon.co.jp/シルエットロマンス/dp/B071JNZZ2K)
PrimeMusicで聴ける

 彼女の歌ではないが、たしかにいい。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 「ご清聴ありがとうございました」 <神は細部に宿る> | トップページ | 幸運の女神の正体 <実はオヤジ> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ご清聴ありがとうございました」 <神は細部に宿る> | トップページ | 幸運の女神の正体 <実はオヤジ> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック