フォト
無料ブログはココログ

« 9年間の技術の進歩 | トップページ | 手作りマスク <そんなに難しくない> »

2020年5月 1日 (金)

Google日本語モールス入力

 Googleは2012/4/1にモールス符号の入力システム「Google 日本語入力モールスバージョンbeta」を発表した。 体験版(自由に入力コース)があって、試してみることができる。(https://www.google.co.jp/ime/-.-.html#freeinput)

 スペースキー一つで日本語入力ができる優れものだ。紹介ビデオではUSB接続の電鍵使っている。^^) この入力デバイスを持っていない人はスペースキーで入力するのだが、スペースキーでモールスは打ちにくいので、電鍵をつないでみた。

↑接点が参加しているのでしっかり打たないとチャッタリング多い。

パドルでも入力できる。

ヘボいなあ。(^^;

 

USB接続の電鍵を買ってきたわけではなく、digisparkでエレキーのスケッチを書いて、キーダウンのときに、digisparkのUSBキーボードでスペースキーのコードを送るようにしている。

ちなみにAndroidとiOS用に配布しているIMEは本当にモールス符号(・と-)で入力できるらしい。



最近の投稿】【最近のAVR】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

 

 

« 9年間の技術の進歩 | トップページ | 手作りマスク <そんなに難しくない> »

CPUボード」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 9年間の技術の進歩 | トップページ | 手作りマスク <そんなに難しくない> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック