フォト
無料ブログはココログ

« 部下に仕事を任せたい | トップページ | 検見川送信所 <昔標準電波を送信していた所> »

2020年4月 5日 (日)

google翻訳 <理科系の文章は変換精度が良い>

 google翻訳の制度が上がってきている。

 ただし、明解な日本語でなければ正しく変換されない。
 理科系の文章を書いている人にとってgoogle翻訳は強力なツールになる。


 翻訳はAIの普及で無くなる仕事に挙げられている。そう遠くないと思えるくらいgoogle翻訳の精度は上がって来たと思う。

 ただし、google翻訳に優しい日本語と、優しくない日本語があると思う。

 理科系の作文技術で木下是雄先生は、明解な日本語を<日本語ではない>日本語と言い切り、「理科系の仕事の文書に関する限り、あえて<日本語ではない>日本語、明解な日本語を使うことにしようではないか」と書かれている。

 ちゃんと書けている理科系の論文はgoogle翻訳に優しい日本語だから変換精度が良いのだろう。逆に、国語の時間に教えている文学的な日本語はgoogle翻訳には易しくない。日本人でも解釈に迷うような日本語だから。

 google翻訳を使うときには、変換した文章を逆方向に変換して元の文章になるか確認している。例えば、日→英の場合、翻訳された英文を日本語に変換して、元の日本語と比較するのである。元の文章にならないときは、元の文章が曖昧でgoogle翻訳が意訳している。

 このテクニックはロシア人にメールを送るときに使っていた。バレーボールのチームメイトにロシア人がいて、毎週、練習場所と時間をメールで送っていた。ロシア語は全く読めないので変換結果の良し悪しが分からない。そこで、逆変換することを思いついたのだ。そのロシア人も褒めていたのでgoogle翻訳恐るべしだ。

 明解な日本語を書くと正しく変換される。
理科系の文章を書いている人にとってgoogle翻訳は強力なツールになると思う。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 部下に仕事を任せたい | トップページ | 検見川送信所 <昔標準電波を送信していた所> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 部下に仕事を任せたい | トップページ | 検見川送信所 <昔標準電波を送信していた所> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック