フォト
無料ブログはココログ

« 22世紀を見る君たちへ <なぜ新井紀子氏の論説を否定するのか?> | トップページ | テレワークの管理 »

2020年4月22日 (水)

なんちゃってテレワークは危ない

 ★テレワークの要請を、2チームに分けて自宅待機するという方法で乗り切ったところは、今後危ない。

 新型コロナウイルスの流行でテレワークが注目された。
国や地方自治体からテレワークの要請があったが、窓口業務や対面での小売りなどの業種では当然テレワークできない。その他の業種での対応を考えてみた。

 対応は3通りだろう。

  1. 生産性を下げないでテレワーク
  2. 2チームに分けて自宅待機(なんちゃってテレワーク)
  3. 通常勤務(テレワーク不可)

 生産性を下げないでテレワークできているところは、新型コロナウイルスが流行する前から、テレワークを検討していたのだろう。今までテレワークの検討をしていないところは、泥縄式にテレワークすることはできない。

 体力があるところは、2チームに分けて自宅待機して全滅を防ぐ。しかしこれはテレワークではなく、なんちゃってテレワークだ。体力がないところは、危険を承知で通常勤務せざるをえない。最悪全滅する。

 ウイルス禍が収まった時にどうなるか?

〇生産性を下げないでテレワークしていたところは、
今回のテレワークが実証実験の良い機会になっているだろう。今後、今回のテレワークで明らかになった問題を改善できるから、働き方改革が進むだろう。

〇通常勤務していたところは、
感染者が出たら致命的なダメージを受けるから、今回は運よく感染者が出なかっただけだ。
ここで、危機感を感じてテレワークに取り組むところは良いが、安心して何もしないところは早晩危機的な状況に遭遇するだろう。

〇2チームに分けて自宅待機したところは、
組織の仕組みや働き方を変えないから、テレワークの検討は始まらないだろう。次もなんちゃってテレワークで乗り切ろうとする。
よく考えれば、緊急時に半数が自宅待機して業務が乗り切れるなら、平時に半数は不要ということだ。この先、半数が不要な組織が生き残れるとは考えられない。

 今回のコロナ禍で期せずして組織の問題が明らかになった。変えられるかどうかにかかっている。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 22世紀を見る君たちへ <なぜ新井紀子氏の論説を否定するのか?> | トップページ | テレワークの管理 »

よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 22世紀を見る君たちへ <なぜ新井紀子氏の論説を否定するのか?> | トップページ | テレワークの管理 »

2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック