フォト
無料ブログはココログ

« 異端のすすめ | トップページ | 給付金オンライン申請とITインフラ <改善されないかも> »

2020年5月21日 (木)

半熟アナ <「らしくない」が重要>

半熟アナ 狩野恵里 株式会社KADOKAWA

Photo_20200508163101

 テレビ東京のアナウンサー狩野理恵氏のエッセイ。

狩野アナは

 こんな自分がアナウンサーとしてやってこられたのは周囲の方のおかげですが、その場所がテレビ東京だったから、ということもあるかもしれません。

とおっしゃる。「テレ東でしか開花しなかった」らしい。また、「アナウンサーらしくないアナウンサー」とかと呼ばれているらしい。

 テレビ東京は他局と比べて人数が少ないので、できるだけ、社員のやりたいようにやらせて伸ばすという社風もあるのだという。

 テレビ東京は、「モヤさま」や「YOUは何しに日本に?」、「家ついていっていいですか」など、低予算ながら企画力?で高視聴率を得ている番組がある。いずれも他局では採用されない企画かもしれない。

 人が集まって仕事をすると「らしさ」が醸し出され、「社風」、悪く言うと「空気」という名の同調圧力になり、気が付くと同じような人「らしい」人が集まってくる。そして、気が付くと停滞し新しいことが始められなくなる。

 テレ東は在京キー局とはいえ規模が小さいので、他局とは違う番組を作らないと存続できない。だから人材の多様性、つまり「らしくない」人が必要になる。そう考えると、狩野アナは、テレ東にとって必要不可欠な人材なのだろう。

 先輩に、「おまえは、本当によくアナウンサーになれたな」と言われてきたそうだ。テレ東の採用担当が意識して採用したのだろうか?


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 異端のすすめ | トップページ | 給付金オンライン申請とITインフラ <改善されないかも> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 異端のすすめ | トップページ | 給付金オンライン申請とITインフラ <改善されないかも> »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック