フォト
無料ブログはココログ

« 給付金のオンライン申請 <手段が目的化した申請システム> | トップページ | 半熟アナ <「らしくない」が重要> »

2020年5月18日 (月)

異端のすすめ

異端のすすめ 強みを武器にする生き方 橋下 徹 SBクリエイティブ

Photo_20200307170301

 橋下徹氏は仕事の質を上げるためのは仕事の量が必要で、量を増やさないで質だけ上げることはできないとおっしゃる。そういう橋下徹氏も

過去に僕も、自分が率いる法律事務所で失敗しました。新人弁護士2人に対して、自分がやっていたようなことを求めすぎてしまい、彼らはわずか数日で事務所を辞めてしまいました。

らしい。

 仕事の量をこなしたことで質が上がった経験はある。しかし、今時の働き方で求められているのは、量を増やさないで質を上げる方法だ。
少なくとも、「働き方改革」=残業時間縮減という組織に属している限り、仕事を通して量を増やすことは困難だ。

 量を増やさず質を上げるには、その方法を知っている人から学ぶか、量をこなしてその中から、効率的に質を上げる方法を会得するしかない。

 橋下徹氏のような成功者ですら、効率的に質を上げるのではなく、量をこなすことを勧めていることを考えると、効率的に質を上げる方法を教えてくれる人はめったにない。つまり、若い間は量をこなすしかなさそうだ。

 ところが、時代は残業時間縮減だから、量を増やすためには仕事以外の時間を使わなければならない。簡単な方法は副業や二枚目の名刺など、メインの仕事以外の量を増やすことだ。

 だから、これから仕事に就く若い人は副業に寛容な会社を選ぶ方が良いのだろう。

 橋下徹氏は、まず行動することを勧めておられる。これは多くの人が勧めていることだ。おそらく正しい。しかし、「まず行動しよう」と言われてもすぐに行動できる人ばかりではない。むしろすぐに行動できる人は少ない。

 行動しようと考えてから実際に行動するまで葛藤がある。この葛藤を一度越えると、くだらないことで悩んでいたと思うのだが、最初の一歩を踏み出すために必要なのは方法ではなく決心だ。決心するためには、最初の一歩を踏み出したことがある人の話を聞くと良い。行動した結果より、葛藤した経験が参考になる。

 間違っても、踏み出すことに悪気無く反対する「踏み出す人の踵を踏む善人」に相談してはいけない。



最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 給付金のオンライン申請 <手段が目的化した申請システム> | トップページ | 半熟アナ <「らしくない」が重要> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 給付金のオンライン申請 <手段が目的化した申請システム> | トップページ | 半熟アナ <「らしくない」が重要> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック