フォト
無料ブログはココログ

« 散髪屋さん <顧客資産はんぱない> | トップページ | 真空管ポータブルオーディオプレイヤー »

2020年8月29日 (土)

経営戦略としての異文化適応力

経営戦略としての異文化適応力 宮森 千嘉子、宮林 隆吉 日本能率協会マネジメントセンター

Photo_20200825205601

ヘールト・ホフテード博士が提唱する6次元モデルは民族を

  1. 権力との関係
  2. 個人と集団の関係
  3. 男性・女性に期待される役割の違いと動機づけ要因
  4. 知らないこと、曖昧なことへの対応
  5. 将来への考え方
  6. 人生の楽しみ方

の6つの要素でスコア付けして、文化の違いを理解するというもの。

異文化を理解するには、住んでみることよりスコアの違いを理解することが必要だとおっしゃる。

 日本人の特徴は、男性性、不確実性の回避、安定志向のスコアが高い。

6

  • 男性性(95):弱者や生活の質より競争原理における成功や地位を重視。
  • 不確実性の回避(92):不確実で曖昧な状況に脅威を感じ、それを避けるために仕組みを形成する。
  • 長期的(88):基幹的で現在を大事にするより、実用的で将来に備える。

悪く言えば、弱者に厳しく、リスクを取らず、問題を先送りにするという特徴がある。

著者は

世界中の大学やビジネススクールで教えている経営理論は、主にアングロサクソンの学者が考え出したものであり、コンテスト型文化圏では機能します。しかし、それがどこの国でも通用する普遍的な価値観だと思い込んでしまうという落とし穴があります。他国で生まれた理論を導入するには、それぞれの国の特性を踏まえたソフトウェアの導入が必要です。

とおっしゃる。

 ビジネス書の中には、欧米で流行っている(最先端?の)理論を紹介して、だから日本はダメだのような内容のものがある。

 個人的には、アングロサクソンの理論は論理的に説明してあるし、行間を読まなくても理解できる内容が多いから受け入れやすい。 おそらく、自分個人の6次モデルのスコアは日本人の平均からずれていて、それが生きにくさの要因かもしれない。
国外で暮らしたこともなく、日本人以外の知人もほとんどいないから、欧米人と同じようなスコアとは考えられない。日本人のパターンからちょっとズレているのだろう。

 アングロサクソンの人たちに対する問題提起のような本を読むと、そんなの当たり前じゃないかと思うことがある。
きっと彼らも、隣の芝生は青いのだろう。

 個人の6次モデルによるスコアを測定するテストはないのだろうか?


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 散髪屋さん <顧客資産はんぱない> | トップページ | 真空管ポータブルオーディオプレイヤー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 散髪屋さん <顧客資産はんぱない> | トップページ | 真空管ポータブルオーディオプレイヤー »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック