フォト
無料ブログはココログ

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

好きのパワーは無限大 <笑顔のヒミツがココにある>

好きのパワーは無限大
挫折から学んだ多くのこと、笑顔のヒミツがココにある
ハラミちゃん
KADOKAWA

Photo_20210629235101

 NHK BSの駅ピアノ、空港ピアノというストリートピアノの番組を前から見ていた。日本でもストリートピアノが置かれるようになってきて、YouTubeで見かけるようになってきた。YouTubeでストリートピアノの動画を見ていて偶然ハラミちゃんの演奏を聴いた。

 YouTubeのストリートピアノの動画はドッキリ系の動画がけっこうあったりする。ハラミちゃんも金髪で帽子を被って肩からバッグをかけて、至ってカジュアルな見た目だから、最初はドッキリ系かと思ったら豈図らんや、終始ニコニコして楽しそうに弾いて、弾き終わると、まるで漫画のような目でニコニコしながら観客と話している。動画を見ているこちらが、幸せな気分になってくる。

 音楽は門外漢なので、どれだけ上手なのかはわからないけれど、聞いている人を幸せにする何かを持っているのだと思う。
Netで挫折した経験があるという記事があったので本を読んでみた。

ハラミちゃんは

人は、「才能×努力×環境」で成功できるかどうかが決まる。どこかでだれかから聞いた言葉です。

とおっしゃる。

 この3つの要素の中で変えられるのは「努力」だけだから、「努力」が必要という人は多い。
努力して成功した人は、努力は裏切らないといとか、努力は才能を超えるというけれど、それは一握りの成功者にだけ当てはまることだろう。努力では超えられない才能はたくさんある。特にトッププロの世界は努力だけで才能を超えられるほど甘くないと思う。ハラミちゃんの最初の挫折もそこのところだ。

 ところで、3つの要素の中で「環境」は天与のもので自ら変えることができないと思っている人は多いのではないだろうか。
「石の上にも3年」が好きな日本人のマインドにすり込まれた感覚なのかもしれない。しかし、「環境」は自ら変えることができる。

 「環境」は誰かが作った「場」や「フィールド」くらいの意味だろう。
自ら「場」や「フィールド」を作り出すことは難しいと思うかもしれない。ならば、今いる「場」や「フィールド」を変わればよい。

 自分は現在の位置にとどまって、周りの環境を変えようとするのではなく、自分が位置を変えることで「場」や「フィールド」を変えることができる。

 ハラミちゃんは、音楽家という「場」に「職業ピアニスト」という立ち位置で参加しようとして挫折し、IT企業といいう場に「ビジネスパーソン」という立ち位置で参加しようとして、努力したにもかかわらず挫折したらしい。そして、ストリートピアノという「場」に変えることで演奏家として成功した。

 ついでに言えば、成功か挫折かも自分で決めることだ。
と考えると、変えられないのは「才能」だけで、「努力」も「環境」も「成功/失敗の評価」も自分次第だ。


それは置いといて、
自分が楽しくピアノを弾いて、誰かが幸せになって、それで暮らしていけるなんて、人生の中でそうそう巡り会えるものではないくらい幸福だと、還暦を迎えたオヤジは思う。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月25日 (金)

AM/FMラジオ&トランスミッタ製作集

AM/FMラジオ&トランスミッタ製作集 トランジスタ技術編集部

Amfm

2028年までにAM放送をFMに切り替えるらしい。
(https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/10607/)

 FMでは山間部でAMと同じサービスエリアを確保できないのではないかと思う。しかし、人口がが多い都市部だけサービスするならFMに変えることができるだろう。FMラジオとAMラジオの価格は昔と違って差はない。

 大規模災害発生時の情報伝達手段としては、AM放送は今でも有効だ。しかし、昔と違って通信手段が増えたから、AM放送は一選択肢にすぎない。

 2019年に発生した台風15号の被害のように長期間停電して、有線網、携帯電話網も使えなくなることを考えるとAM放送は最後の命綱になるかもしれない。それでも、非常時のためだけにAM放送局は維持できないから、民放AM局が停波するのはやむを得ない。問題は、AMかFMかではなく、広告+電波によるブロードキャストというビジネスモデルの限界だろう。

 何年も前から放送事業は経営が悪化していて、大規模な設備が必要なAMラジオ放送は維持できないことは何年も前から指摘されてきたことだ。 非常時の放送は公共放送のNHKが担うのだろう。

閑話休題

 ゲルマニウム・ラジオや専用ICを使ったラジオは作ったことはあるけど、トランジスタ・ラジオを作ったことがない。

 停波する前に作ってみよう


最近の投稿】【最近のRF】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月23日 (水)

起業の天才

起業の天才!江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男 東洋経済新報社

Photo_20210615234401

リクルートの社員にも「ならず者」の矜持があった。江副はその親分だった。しかしわれわれ日本人はならず者が嫌いだ。

 法だけを基準に行動する、超合理主義者はいるものだ。ところが、世の中は法だけでなく倫理という基準がある。さらに、国民感情という訳の分からない基準がある。

 法は人が理性のもと意図して作った決まり事だから、超合理主義者にとっては扱いやすい。
人の社会で長年かかって作られた倫理は厄介だ、明文化されていないことが多いから、空気が読めない超合理主義者は理解できず倫理的に冒してはならない領域に踏み込んでしまう。

 さらに厄介なのは、市民感情だ。超合理主義者にとって倫理は理解し難い部分はあるが変化は緩やかだから、経験的に対応を学習することができる。しかし、市民感情は扇動されるし、扇動することが正義と勘違いしているマスコミもいる。扇動されてい人は法や倫理にしたがって行動しているわけではなく、感情で行動しているだけだから、基準が短期的に変わる。いや、基準など無いのかもしれない。そして、法に携わる人たちは倫理を市民感情に影響されて、解釈を変える。

 法が明文化されているとはいえ、グレーゾーンはある。グレーゾーンのケースで白黒の判断が必要な場合は、解釈が必要だ。 解釈は倫理に影響される。市民感情の影響も受ける、そして判断を任された人の個人的な感情にも影響される。つまり、法の解釈は恣意的だ。

 だから、法のギリギリを攻める超合理主義者は時として、時代の寵児から一夜にして大悪党になってしまう。

 江副浩正氏 最近では堀江貴文氏も超合理主義のように感じる。

 思い起こせば、リクルート事件で一般市民は、損害を被っていない。あの時に国民はなぜ恣意的な解釈を求め、恣意的な解釈を支持したのだろうかと思う。

 おそらく「濡れ手に粟」が気に入らないという感情に突き動かされていたのだろう。つまり、江副氏ではなく「濡れ手に粟」で大金を手にした人たちに対する妬みから生じたものではないだろうか。 

 その感情をマスコミに利用され、扇動されてしまったのだ。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月20日 (日)

ガラケーの機種変 <とうとう機種変した>

未だに3Gガラケーを使っていると、キャリアから機種変更しろという電話がしょっちゅうかかってくる。
「この電話で受付けできます」とおっしゃるのだが、面倒なので「結構です」と断っていた。携帯ショップで世間話したときに「ガラケーは端末0円で機種変更できるのでとりあえず機種変更したら」というアドバイスをもらったので、機種変更することにした。

 ショップに行くには予約しなければならないので、電話で機種変更した。2週間くらいで届くとのことだったのだが1週間もたたないうちに届いた。

 これまで使っていたのはW55T。 14年と4月使っていたらしい。2度故障したのでその都度、ヤフオクやメルカリで中古のW55Tを買って機種変更していた。機種変更(2018/8/26) 機種変更(2)(2019/5/1)

W55tx3
↑左から初代、2代目、3代目

W55Tに換えたときに既に最新機種ではなかったが、電話とメールができて薄いのを選んだ「おサイフケータイもワンセグもありませんよ」と店員に念をおされた。

 機種変更したらスマホが3台になった。実は社用のモバイルルータもある。

Photo_20210619211201
↑iPhoneSE、Rakuten mini、AQUOS sense3

iPhoneSEはmineoでデータ通信のみ3Gまで¥1,098
Rakuten miniはRAKUTENmobileのキャンペーンで1年間無料、その後1Gまで無料
AQUOS sense3は1年目1Gまで¥980

電話はほぼ使わないし、データは毎月2Gくらいだ。回線があるiPhoneとandroidがほしいので、auを解約してRAKUTEN mobileにしようかと思う。

スマホを毎日充電するのは面倒だ。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月13日 (日)

ダイソーのワイヤレス・イヤホン(2) <リコール>

ダイソーに立ち寄ったら、ワイアレス・イヤホンのリコールのお知らせが貼ってあった。

Recalls
(https://www.daiso-sangyo.co.jp/info/important/9328)

一部の商品にて、充電中に異常発熱する可能性が判明いたしました。
火傷の原因となる可能性もあるため、下記の対象商品を自主回収いたします。

らしい。

 店頭で返金してくれると書いてあったので良品と交換しようかと思ったら、両耳Bluetoothイヤホンは店頭から消えていて、片耳ヘッドセットだけになっていた。

 このイヤホンはビデオ会議で使っている。多くても週3回くらいで1回1時間程度なので頻繁に充電しなくてよい。

致命的な不具合ではなさそうなので、充電する際には目の届くところで充電することにして、交換しないことにした。


最近の投稿】【最近のイヤホン】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

2021年6月 9日 (水)

創造力をバカにする風潮

光浦靖子、番組で手芸作品をいじられて不満爆発「バカにした笑いでした」 Nifty NEWS (2021/05/13)

キットを組み立てられる人とキットを企画できる人の差は大きい。
さらに、Amazonで買ってくれば良いと考えている人との差は極めて^2大きい。

 自分で創れる人は、無を有に、0を1にできる人だ。

 最近までモノづくりをする人、創造力がある人は尊敬されていたが、デフレの影響か、創造力より、低価格の物やサービスを見つけられる人がもてはやされるようになった。

 凡そ世の中に「お値段以上」は無い。あるのは「お値段どおり」か「お値段以下」だ。低価格を求めると、「安物」か「ぼったくり」になり、創造力や技術力を求めると価格上がって売れなくなるから、創造力や技術力を持った人の出番は無くなる。

 そして尊敬されることもなくなって、嘲笑の対象になる。

 テレビ業界も例外ではなく安かろう悪かろうだ。、作る側は他局でウケたネタをパクって視聴率を稼ごうとする。そして、新しい笑いを創ることをやめた芸人が刹那的に騒いでいるか、安い出演者が知識人ぶって、創造力を持った人をバカにしている。

 今の日本を象徴しているのかもしれない。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月 6日 (日)

不屈の棋士 <AIの捉え方と情報リテラシ->

不屈の棋士 大川慎太郎 講談社

Photo_20210523233501

★ アマチュアより強いというだけではプロ棋士として存在できなくなるのと同じように、教えられたことを真面目にこなすだけでは、労働者として存在できなくなる。

〇人工知能?

 昨今何かと、人間vsAI(人工知能)という切り口で語られることが多い。しかし、現在のAIは知能ではなく単に過去の大量のデータに基づく推測だ。自ら何かを創り出しているわけではない。

 インタビューの中で棋士から「新手」という言葉が多く出てくる。
ソフトが指す「新手」は膨大な候補手からこれまで着目されていなかった一手を発見したという意味だ。一方、棋士が指す「新手」は自らが創り出した一手だ。

 既に存在するものの中から見つけるのか、存在しなかったものを作り出したのか、この差は大きい。例えるなら、無名の画家を見つけ世に出す画商と無名の画家との関係に似ている。創造しているのはいうまでもなく無名の画家だ。

 ソフトが棋士を上回ったという評価を受け入れられないのかもしれない。

〇AIvs棋士

 世間は、人工知能 対 人間という文脈で捉え、その代理戦争としてAIvs棋士の対局を見ている。しかし、将棋ソフトはSFに登場する人工知能には遠く及ばない。ドラえもんを考えると、将棋ソフトはドラえもんを構成するごく一部のパーツにすぎない。(おそらくドラえもんの意思決定には、将棋ソフトの手法は用いられないだろう)

 電王戦の報道でマス・メディアは、DENSOのロボットと棋士が対局している映像を流した。気味が悪い絵面だがインパクトはある。しかし、機械vs人間になってしまった感がある。

 AIvs棋士ではなく、将棋ソフトを作った人vs棋士という文脈で評価するのが適当だ。しかし、それでは興行的にウケないので、ソフトを人工知能に仕立てた方が儲かるから仕方がない。

 インタビューの中で登場する、ボナンザの作者、保木邦仁氏やポナンザの作者、山本一成氏はもっとフォーカスされて良いと思う。多くの棋士がソフトとの対局を異種格闘技に例えるが、プロ棋士とプログラマーとの闘いだからそう感じるのは当然だろう。

 もう一方の主役は機械ではなく、プログラマーなのだ。

〇自力

 棋士にも、ソフトを積極的に使う人、消極的に使う人、拒否感を示す人がいる。

 インタビューを読むとプロ棋士は「自力」にこだわるようだ、盤に向かうと誰かに助けてもらえないから自力で解決することが身に染みているのだろう。

 年齢によってソフトの捉え方が異なるようだ。ソフトは人間が作ったツールで、それ以上でもそれ以下でもない。ツールであれば、本を読んで勉強すること何ら変わりはないから、ツールを使って勉強することに抵抗はないだろう。 ところが、ソフトはツールではなく知能を持つものと捉えると、ソフトを使った勉強は自力ではなくなるのだろう。

〇情報リテラシー

 情報リテラシーが影響しているのかもしれない。
将棋ソフトは単にプログラムでそれをツールとして使うのは若手棋士に多い。一方、将棋ソフトは人工知能で、将棋を教えてくれる人格を持った存在して扱うのはベテラン棋士に多い。

 将棋ソフトはツールで、自分が考えるための道具や環境と考えていれば使うことに躊躇はないだろう。未知の一手を発見するのは自分だから。 ところが、将棋ソフトを知能や人格を持ったものと考えると、将棋ソフトが示す新しい一手は、人工知能が知っているのだから未知ではなくなる。それは自分が発見したとは言えないから、自力にこだわる棋士は使うことを躊躇する。

 若いころから将棋一筋で高等教育を受けず修業をしていたベテラン棋士の情報リテラシーは高くないようだ。最近は大学に進学する棋士も多いようだ。高等教育を受けた方が情報リテラシーを学ぶ機会も多く、将棋ソフトは知能ではないことが理解できるのではないだろうか。

〇一般社会では

 工業分野ではAIはロボットと共に使われるようになってきた。工業分野では運動を伴うことが多いのでロボットと共に使われることが多く、将棋ソフトほど知能を感じないのではないだろうか。

 AI+ロボットが人間より上手に作業をこなすようになると、人はAI+ロボットに学んで自分の技能を向上させることができるのだろうか?

 多くの人は、自分の技能を向上させるより、AI+ロボットを使うことを選ぶだろう。 すると人間は、

  • AI+ロボッが作業しやすいように、作業の下準備や環境の整備などの下働き
  • AI+ロボットを使う企画やAI+ロボットの性能を上げること

など、AI+ロボットが苦手とする、人間にしかできない考える仕事をやることになる。

 ところが、これまでの日本は工業化を進めた結果、考えないで前例やマニュアルに従って作業をしていた人が多かった。AI+ロボットが職場にやってきたときに、これまで考えて仕事をしていない人が、いきなり考える仕事に変わるのは難しい。だから、下働きの仕事をせざるを得ない。ところが、下働きの仕事は人が余るし、賃金は低い。

 これがAIに仕事を奪われるということだ。

 知らない間にもう来ているAI社会で、仕事を奪われる大人は多いだろう。そうならないように、次の世代のを教育しようというのが、DIGAスクール構想だ。

〇将棋界に学ぶ

 将棋界は一般社会と比べて早くAI社会が到来した。
そこで分かったことは、棋士という仕事は無くならないということだ。しかし、これまでのようにプロ棋士になれば一生食べていける時代は終わったようだ。

 AIの登場で、棋士はゲーム・プレーヤーとしては最強ではなくなり、ゲームプレーヤとしての価値は低下したから、アマチュアより遥かに強いという理由だけで存在するのは難しくなった。

 だから棋士は人間にしかできないことは何かを考えざるを得なくなっているようだ。それは、

  • 人間とのコミュニケーションが必要な、指導や普及
  • 感情を持った人間同士の対局での勝利
  • 棋力の向上
  • 後世に残る棋譜を遺すこと

など人様々だ。

 その活動の価値を一般人も認めれば、プロ棋士として存続できるだろう。しかし一般人がその価値を認めなければプロ棋士としては存続できない。

 一般人にとって、棋士がおかれた状況は、明日は我が身だ。

 AI+ロボットは急速に普及する。単純作業の能力はどんなに真面目な人間でもは比べ物にならないから、AI+ロボットに無い人間の価値を考えなくてはならない。

 アマチュアより強いというだけではプロ棋士として存在できなくなるのと同じように、教えられたことを真面目にこなすだけでは、労働者として存在できなくなるということだ。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2021年6月 3日 (木)

Japan IT Week 2021春 <DigitalizationとDXは違う>

Japan IT Week春は4/26 の予定だったが、緊急事態宣言の影響で1月延長して開催された。

今年のキーワードは、DigitalizationとDXは異なる。

できるだけセミナーを聴いた。スピーカーの皆さんが必ず言うセリフは「DigitalizationとDXは異なる」だった。

デジタル化(Digitalization)とデジタル・トランスフォーメーション(DX)は異なる。これまでの仕事のやり方をICTを使って効率化するだけでなく、業務や組織を改革すること、つまり、これまでのやり方を変えることがデジタル・トランスフォーメーションだ。

展示ブース

〇組込み展
 組込み展はとうとうエッジコンピューティング展と一緒になったようだ。
業界の関心はハードからクラウド・サービスに移ったということだろう。

Photo_20210529140701

〇液体レンズカメラ
 液体に電圧を変えると形状が変わる性質を利用したレンズを使ったカメラ。
機構部分がないので小さくなる。デモは焦点距離をプリセットしていた。オートフォーカスはソフトで制御するらしい。

Photo_20210529140703

〇浮遊ディスプレイ
 画面が浮き出して見える。赤外線センサーで指の位置を検出しているので、タッチパネルとして使える。
工場など手袋をしていても使える。しかも出っ張らない。

Photo_20210529140702

〇コロナ検査サービス
 ITとコロナ検査サービスの取り合わせが珍しかったので話を聞いた。なんでも、展示会の内容は関係なく出展しているらしい。
単に検査だけでなく検査、保健所への連絡、医師へのオンライン相談がワンストップでできるサービスらしい。

2_20210529140703

大手企業からも引き合いがあるらしい。検査結果の閲覧権限を設定できるらしく、管理者は所属全体の検査結果が確認できる。
虚偽申告が原因で、他社や顧客に感染させると、炎上するから。危機管理という観点では検査結果を会社が管理したいのだろう。

〇倒れん棒 空撮ポール
たおれん棒は香川県観音寺市にある空撮技研が開発した、自律制御型の自立ポール

1_20210529140702 2_20210529140702
↑ペットボトルの上にた立ってる。固定されていない。

ポールの上部に設置したプロペラで姿勢制御し、ステーを張ったり固定しなくても自立できる。
上部にカメラを取り付けて、会場の通路を撮影し、AIで画像解析して密状態を検出するデモをやっていた。

つい、アンテナを取り付けられないだろうかとか、長尺ものはないのだろうかと思ってしまう。

〇紙製緩衝材
 紙の緩衝材の自動装填機

1_20210529142701
最近の通販で使っている緩衝材は、プチプチから紙に変わったようだ。

人手でクシャクシャにして装填しているのかと思ったら、自動装填機があるらしく、自動装填機は機械を安くレンタルして、消耗材(紙)でもうける、コピー機と同じビジネスモデルらしい。

↓包むタイプ

2_20210529140701

紙に切れ目が入っていて、引っ張って伸ばすと網目になる。網目になった紙の内側にもう一枚紙を入れることで、割れ物も保護できるらしい。
緩衝材は潰れることで機能する。プチプチは潰れないことがあるらしく、保護対象にクラックが入ることがあるけど、紙の緩衝材はプチプチより潰れやすいのが良いらしい。

イオンも脱プラで紙の緩衝材にシフトしたらしい。


最近の投稿】【最近の展示会 】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック