フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年5月17日 (金)

モノ作らぬメーカーに パナソニック・津賀社長の危機感

モノ作らぬメーカーに パナソニック・津賀社長の危機感 日経新聞電子版 (2019/2/10)

 パナソニック津賀社長のインタビュー記事

「現在の危機感はもう200%、深海の深さだ。今のままでは次の100年どころか10年も持たない。会社をばらばらにすれば生き延びる事業もある。だがパナソニックを任されている私にその選択肢はない」

「10年も持たない」はかなりインパクトを与えたようで彼方此方で引用されている。 パナソニックは、プラズマ・ディスプレイで大コケして、イーロン・マスクに振り回されているので冗談ではない切実感がある。

 アマゾンのAlexa対応電子レンジ"AmazonBasics Microwave"の発売に対して、

「アマゾンが人工知能(AI)スピーカー搭載の電子レンジを造るなどハード分野を侵食しています。」

との質問に

「アマゾンに電子レンジの何が分かるのか。私はGAFAを否定しないが、GAFAと同じように我々も進化する」

はハッタリか? GAFAと同じような進化は相当難しそうだけど...

 津賀一宏社長の苦悩はかなり深刻なようだ。

「理想はハードを作らないメーカー。製品の仕様を出して誰かに作ってもらう。ただ、品質や調達など高いレベルが必要で、丸投げのファブレスは成立しない。日本の工場で品質面などを実証した上で海外の生産はパートナーに任せるなど、ファブレスへのシフトがこれからの主たる取り組みになる」

疑問は、果たして、成長の足かせはハードを作っていることなのだろうか? ファブレスにシフトするとGAFAのように成長するのだろうか? ということ。

 週刊現代の記事、「パナソニック社長の「今のままでは10年も持たない」発言、その真意」週刊現代(2019/05/01)に、幹部社員のインタビューが紹介されている。

「打つ手がない、それが津賀さんの正直な答えだと思います。それでも、資金のあるうちにあれこれやってみて、キングメーカーの位置を維持したいのでしょう。

問題は山積みです。まず、製造の軸がソフトに移行すれば、工場の統廃合や従業員の配置転換は不可避です。生産現場の人間には死活問題になる。

また、津賀さんは積極的に外部人材を幹部に登用しています。外部の意見が大切なのはわかりますが、これに敏感なのが出世街道を歩んできた幹部たちです。

これまで上から『死ぬ思いでやれ、血の小便が出るまで働け』と言われ、しんどい思いをしてきたのに、役員になる道は閉ざされた」

と、幹部社員はインタビューに答えたそうだ。

 ハードを作って成功してきた人たちは、ハードを作らないメーカになれるのだろうか?との問いに、おそらく、津賀 一宏社長は無理と思っているのではないだろうか。 「松下電器」の社員はハードを作らない会社に転換できないと。

 このあたりが、嘘か本気か"モノづくり"を掲げるトヨタの豊田章男社長と雰囲気が違うところなのかもしれない。 GAFAの影が忍び寄っているのはトヨタも同じだけど。



最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

2019年5月 7日 (火)

容れ物はできていますか? <哲学的な問いだ>


容れ物はできていますか? 公務員 島田正樹 ?仕事と私事と志事と? (2019/04/29)

 ライターの島田正樹氏は公務員を志望する人と公務員との交流の場「公務員キャリアデザインスタジオ」を主宰しておられ、大学でも公演されているらしい。

 このエントリでの島田正樹氏の問いかけは「ナゼ、働くの?」だ。


↑(https://stat.ameba.jp/user_images/20190429/18/shimada10708/8e/63/j/o4032302414399854566.jpg)

 ずいぶん哲学的だ。 公務員志望の大学生でなくても現役の公務員でも難しいと思う。

 誰でも思いつく働く理由は金を得るためだ。 公務員志望であれば、さらに安定を得ることが加わるのだろう。(ステレオタイプ感は否めないのだが。) 

 金と安定について考えてみた。  

 マズロー先生の欲求5段階説で考えると生理的欲求と安全欲求(低次の欲求)を満たそうと考えるのは自然なことだ。 だから金は重要だ。 当然、収入が安定していることも重要だろう。

 そう考えると、収入がそこそこで安定していることを理由に公務員を選ぶことは悪いことではないし、卑下する必要もないと思う。 そもそも、仕事を選ぶ理由は自分が決めることで、他人の目を気にする必要はない。

 実は金が無いのはそんなに不自由ではない。と思えるのは収入が安定しているからかもしれない。 金がないときはそんなことは思わないから。 (マズロー先生の受け売りっぽい^^;)

 確かなことは、金や安定は人生の目的ではないということ。
でも、凡人は金や安定を得るとその次(高次の欲求)を考えないで、より多くの金、より高い安定を求めてしまう。(何度も言うけど悪いことではない)

 経験では、「ナゼ、働くか?」を考えていないときはあったし、考える余裕がないときもあった。 真面目に考えたら答えは何度も変わったよなあ。

 「ナゼ、働くか?」の問いに対して「今、理由がわかることより、理由を探し続けることが重要だ」は答えになってるかなあ?


最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2019年5月 5日 (日)

オフサイト・ミーティングに参加して分かったこと <自然に「気楽にまじめな場」になるわけではない>

 職場でやっている業務関係のオフサイト・ミーティングに参加した。

 オフサイト・ミーティングは、「気楽にまじめな話し合いの場」だが、何のために気楽にまじめな話し合いが必要なのかよくわからなかった。

 ミーティングでとある参加者が素朴な疑問を問いかけたら、皆スルーした。 その疑問は素朴なだけに核心をついた疑問だった。 その参加者は他部門での勤務が長から、素朴な疑問が湧いたのだろう。 

 ミーティングには、話し合いに関係がない人、気楽さに反する立場の人が多く参加していたので、他の参加者はその場の雰囲気を慮ってスルーしたのだろう。 「気楽にまじめな話し合いの場」ではなかったのかもしれない。

 もう何年もオフサイト・ミーティングを企画しているので、「気楽にまじめな話し合いの場」を作る難しさは知っている。 「気楽にまじめな話し合いの場」にするためには、参加者が「気楽にまじめな話し合いの場」にしようと思うことが必要だが、そう思う人が少なかったのだと思う。

 ミーティング終了後、話し合いに関係がない人、気楽さに反する立場の人に、そのオフサイト・ミーティングでの気付きを教えてくれるようにメールしてみた。 1人だけ返信があった。

 それにしても、参加した人は多少なり違和感は感じただろうに、なぜその違和感を見つめようとしないのだろうか。 何も気づかない人、気づいたことを次に活かすことができない人が参加する意義は何だろうか?と思う。

 いろいろと葛藤があったのだが、素朴な疑問を持った参加者には、「気楽さに反する人たちがいなくなった後で他の参加者にもう一度問いかけてみたら」と助言しておいた。

  自分自身が気楽さに反する存在になっていないだろうか?。



最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2019年5月 1日 (水)

ガラケーの機種変更(2)

 昨年、10年以上使っていたガラケーが壊れたので、中古の同じガラケーを買って機種変更した。 使っているガラケーは今は無き東芝のW55Tだ。 (ガラケーの機種変更 (18/8/26))

 中古のガラケーを扱っているショップでW55Tは程度A(美品)の相場は4,000円くらいだ。
中古で4,000円は高いよなと思い、1,980¥の中古を買ったら色違いが送られてきた。 安物買いの銭失いだ (^^;

 先日、ディスプレイを開くとディスプレイが見えなくなった。
アラームは鳴るし、着信もするし、発信もできるのだがディスプレイが見えないので使えない。

 二つ折りのディスプレイを完全に開かなければディスプレイが見えることが分かったので、中途半端に開いて使っている。 いかにも、バックライトの回路の接触不良っぽい。
今は中途半端に開くと見えるが、このまま使っていると見えなくなる可能性は高いだろう。

 前回の故障のように、全く使えないわけではないのでヤフオクのアラートに登録してW55Tが出品されるのを待つことにした。 美品や未使用でなくても良い。3Gのサービスが終わる2022まで2~3年動けば良い。

 ほどなくしてW55Tが出品された。なんと980円だ、写真を見ると凹みがあるようだが買ってみることにした。 (懲りてない。安物買いの銭失いだ)

 本体が安くてもauの手数料が2,000円必要だから何度も機種変更したくないなあ。

 auは2022年で3Gのサービスを停止するらしいので、いずれは買い替えなくてはならないのだろう。

 今はリスクを分散するためにガラケーとスマホ2台持ちで、スイカも別だ。 1台に集約すると忘れたり、亡くしたときのインパクトが大きすぎる。

 通話とメールだけならガラケーで困ってないんだよね。


最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2019年4月27日 (土)

新入社員に「辞めてもいいよ、逃げてもいいよ」はアマすぎるか?

新入社員に「辞めてもいいよ、逃げてもいいよ」はアマすぎるか? Citrus 2019/04/10

 ゴメス氏、真っ当な回答だなぁ。

 もっとも、普遍的な答えを持っている人はいないんじゃないだろうか。
ゴメス氏の回答もゴメス氏の経験に基づくものだから普遍的な答えではない。

 では、普遍的でない答えに意味がないかといえば そんなことはない。
重要なことは、悩んでる人、迷ってる人が納得できる答えだったらOKなのだろう。

 悩んでる人、迷ってる人は最後は自分が決断せざるを得ない。
所詮、他人のアドバイスは、踏ん切りをつける他人のための材料にすぎない。

 とすれば、悩んでる人、迷ってる人が自分で判断すべきと突き放すより、
踏ん張りをつける助けになる、自分の経験に基づくアドバイスの方が良いのかもしれない。

ゴメス兄貴深いな!。


最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2019年4月17日 (水)

2枚目の名刺を持つことが普通のスタートラインになる

2枚目の名刺を持つことが普通のスタートラインになる ~生駒市・小紫市長インタビュー(後編)~ 2枚目の名刺Webマガジン (2019/3/7)

生駒市の小紫市長のインタビュー記事、
小紫市長は「公務員面接を勝ち抜く力」を上梓されている。

インタービューの中で小紫市長は、

例えば、今採用している人に「60歳とか65歳まで絶対君たちの雇用を保障します」なんて、将来を見通せる、責任ある自治体ほど、そんなこと約束できないです。途中で公務員の仕事自体がバンバンなくなっていくかもしれません。ロボットやAI、ICT技術ができることがどんどん増えていけば、生駒市役所の職員数は今800人くらいですけど、それこそアメリカのどこかの街みたいに、職員はたった数人っていう可能性もありえるわけです。

 

生駒市でも、現時点で数名は民間企業から引く手あまたの人がいると思います。そういうレベルの人をどんどん増やしながらも、そういうレベルの人が「生駒市の仕事は面白い」と言って組織に残ってくれるくらい良い組織、面白い組織、成長できる組織にしないといけないんです。

とおっしゃる。

 先日「戦略を理解して戦術を考えられるミドルが必要」という話をしたら、ある人から、「どこに転職しても喰っていける人を育てると言うことですか?」と訊かれたことがある。

 そういうつもりはなかったので、不意を突かれた感じだった。よく考えてみると、組織で必要とされる能力は2種類あって、1つは他の組織では必要のない専門的な能力、もう1つは、どの組織でも必要とされる汎用的な能力だ。

 たいてい専門的な能力ばかリ注目される。自分の組織を差別化しようとすると、組織の特殊性と専門的な(外部では役に立たない)能力の高さをアピールしがちだ。

 専門的な能力が無くてよいわけではなく、専門的な能力を重要視するあまり、汎用的な能力、例えばリーダーシップとかマネジメント能力が不足しているのではないか。そして、これらの能力を獲得する必要があるのではないかと言いたかっただけなのだが...

 汎用的な能力を獲得することがスピンアウトすると同義にとられるところに、閉鎖性(タコツボ)を感じる。

 小紫市長がおっしゃるように、どこでも食っていける人が、ここの仕事は面白いと思える職場にしなければならないのだと思う。



最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

 

2019年4月15日 (月)

社内セキュリティ・コンテスト

1300人が参加した社内セキュリティーコンテスト、NECが表彰式 日経XTECH (2019/03/15)

問題数は「他社の取り組みでは20~40問」(NEC)なのに対し、100問を用意。それぞれの問題がセキュリティーの知識やスキルに対応しているため、コンテスト参加者のセキュリティーに関する能力を可視化できるという。

らしい。

 問題が100問あれば知識・スキルの可視化が可能だろう。
ウチもセキュリティコンテストのようなイベントがあるけど、100問も問題を作るのは大変だ。

 NECは作った問題で社員のスキルの可視化ができて、可視化手法と問題を売って商売にできる。1粒で2度美味しい。
100問作ってもペイできるだろう。ウラヤマシイ。

 サイバーセキュリティ業界ではセキュリティコンテストが流行っている感がある。
流行っているからという理由でなんとなくやってる所もあるのではないだろうか?
目的も深い理由もなく思い付きでやると運営は大変だ。なにより、参加する人が困る。

 セキュリティ・コンテスト <逆は真ならず> (2016/9/13)
で、コンテスト流行りに違和感があること、CrackerとHackerの違いが分からない人達の言うことに無批判に従ってはいけないと書いている。

 あれから2年半経過しているけど変わらないなあ。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2019年4月 6日 (土)

「技術のことだけをやっていたい」なら下請け

技術者を甘やかす日本企業の愚かさ、人材不足で露見
日経XTECH 木村岳史の極限暴論 2019/02/18

木村岳史氏は

 全ての人がそうだとは言わないが、どうも日本には「技術のことだけをやっていたい」という技術者が多過ぎるような気がする。人月商売でひどい目に遭っているためビジネスのことを考えたくもないのか、あるいはコミュニケーションが苦手だから営業など商売のことに関わりたくないのか、理由は定かではないが、随分もったいない話である。

とおっしゃる。
そう思う。オヤジもそう思っていたから良くわかる。

そんなわけで技術者、特に転職しようとしている技術者は、夢のような職場などこの世に無いと思ったほうがよい。もちろんゼロとは言わない。だが、そんな仕事に就けるのは、あなたがものすごく優秀で、しかも幸運に恵まれたときしかない。

キビシイなあ...

 その幸運は良いマネジャに出会えた時だろう。
自分の立ち位置を客観的に見ることができない技術バカのために仕事を作ってくれたり、仕事の結果を売りに行ってくれる。 そんなマネジャだ。

 スーパー優秀な技術者ならセルフマネジメントもできるだろう。
でも、「技術のことだけをやっていたい」と思っている凡庸な技術者にはセルフマネジメントは難しい。全てを技術につぎ込んでいるから技術者でいられるのだかから。
それでも、凡庸な技術者でも、セルフマネジメントできたほうが成果は大きいと思う。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

 

2019年4月 2日 (火)

尖った人のマネジメント

 異動があった。
この2年間マネジメントをやって分かったことは

  • 尖った人を集めるとマネジメントが難しい。
  • 丸い人を集めると尖った成果は出ない。 

ある意味当然。今更かよ!だ。

 この2年間の命題は

尖った人は尖った人たちのマネジメントができるのか。

 海洋堂宮脇社長の著書(「好きなこと」だけで生き抜く力(2012/05/02))
を読んで、オタクのマネジメントはオタクにしかできないことを知った。

 

  • おそらく、技術者のマネジメントは技術者しかできないし
  • 尖った人のマネジメントは尖った人しかできないし
  • 凹んだ人のマネジメントは凹んだひとにしかできない。

のだろう。

  自分も 結構尖っていると思っていたのだが、尖っている人のマネジメントは難しい。

宮脇修一氏が対談で語っていらっしゃる。

平野:海洋堂がフツーの会社と決定的にちがうと思うのは、「マーケティング」の概念を1ミリももっていないところ(笑)。宮脇さん、よく「お客さんに聞くんじゃなく、教えてあげようっていう〝超上から目線〟なんだ」って言ってますもんね。

宮脇:ボクらはマーケティングとか、何が世の中に受けるだろうなんていうことは考えません。太郎作品に取り組むときだって、「おまえらに岡本太郎を教えてやるよ」ってそういう姿勢で平野さんと組んでますから(笑)。

 宮脇修一対談③「プロデュースは生きざま、唄いざま」

 これくらいマネジャとして尖っていないとダメなのか。
とすると自分はマネジャとしてはフツーなのかもしれない。

 ところで、自分は周囲から マネジメントをやりたくないと思っていると勘違いされているようだが、マネジメントはやりたいと思っている。やりたくないのは管理だ。


最近の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

 

2019年3月31日 (日)

異動の意味 <意味は自分で考える>

【リライト記事】あなたが異動する理由、異動しない理由 公務員 島田正樹 〜仕事と私事と志事と〜

 今年異動したのでこの記事はタイムリーだった。

 島田正樹氏は、異動の意味は分からないとしても、自分がその異動に意味付けはできるとおっしゃる。

 人事の意図が分からないことは多い。若い頃は、どうせサイコロでも振って決めてるんだろうと思ってた。

 歳をとって人事に関わる立場になると、人事は正解の無いジグソーパズルのようだと思う。

 対象者の全てを知っているわけではない。
最後は、話したことがあるとか、一緒に飲んだことがあるとか、発表しているのを聴いたことがあるとか、到底客観的とはいえないことで決めなくてはならない。

 必要なのは客観的ではない情報で決める覚悟だ。

 今回の異動では、珍しく異動先の上司から理由を聞くことができた。(押しかけていったのだが (^^;)
求められていることができるかどうかは分からない。

 異動先の上司が全てを知ったうえで人事をしているわけではないだろう。
ならばその覚悟に賭けてみようと思えるのは幸せなのかもしれない。

###
 その上司も異動したたんだよね。^^)


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック