フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2020年7月14日 (火)

キャリアメールは鬼門

★キャリアメールは鬼門だ

 かみさんが携帯を換えた。
a uのandroidを使っていたのだが2年を経過して月々の支払いが高額になっていた。スマホも換えて格安SIMに乗り換えるというので、各社のプラン、キャンペーンを確認して最安プランを提案した。(ちなみに、中古は嫌いなので新品でないとダメらしい)

 最安プランでは機種の選択肢は多くない。いざ契約しようかというときに、スマホのサイズが大きすぎると言い出した。(最近のスマホは大きい) 気に入った機種を選ぶと最安ではなくなる。すると娘が違うキャリアのiPhone7にすればと提案した。

 キャリアも換えてandroidからiPhoneに換えるとなると、やな予感がした。

 カメラロール、連絡先、メールデータ、LINEのデータを移行して欲しいようだ。

  move-to-ios をandroidにインストールするとwifi経由で

  • カメラロール
  • メッセージ
  • googleアカウント
  • 連絡先
  • ブックマーク

をiPhoneに転送できる。

 LINEはアカウントをandroid→iPhoneに引き継ぐとトーク履歴が失われるらしい(仕様)。しかし、アカウントの引き継ぎは簡単だ。

 予めアプリなどに登録しているキャリアメールをgmailに変えておいた。

 キャリアメールのメールデータをgmailに移行するのはちょっと面倒だ。

  • キャリアメールをuSDにバックアップ→vmg形式
  • VMGtoEMLでeml形式に変換→eml形式
  • Thunderbirdにgmailのアカウントを設定
  • ThunderbirdにImportExportTool NGをアドオン
  • gmailにフォルダを作ってemlをインポート
  • iPhoneのメールにgmailを設定

VMGtoEMLとThunderbirdを使わないで直接gmailにemlファイルをアップロードできるツールもあるのだが、gmailのUserIDとPasswdを設定するのが気持ち悪いのでThunderbirdを使った。

ところが、文字化けしている。!!
VMGtoEMLは、半角カナと絵文字がうまく変換できないようなので、vmgファイルはVMGヘッダを削除して、メール1件ごとにファイルに分割すれば良いのでスクリプトを書いて変換した。

これで万全と思ったら...

 AEONウォレットアプリはログイン時に2段階認証をしているがメールアドレスは換えていたのでログインできた。ところが、イオンクレジットの2段階認証のメールアドレスがキャリアメールのままになっていた。orz

回線は切り替えたのでキャリアメールにはアクセスできない。

イオンクレジットの設定を換えたら、AEONウォレットアプリにログインできなくなった。
QAを見ると、あるあるらしく、専用サポートにチャットで問い合わせて欲しいとある。
しかし、専用サポートは平日9:00~18:00土日祝日休みらしい。
かみさんは平日休みはなく、スマホを持って仕事に行く。

う~ん詰んだ。

分かったこと。
キャリアメールは鬼門だ。使わない方が良い。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年7月 8日 (水)

特別定額給付金(2)

先週特別定額給付金の通知書がきた、7/7に振り込まれるそうだ。

給付の事務処理状況について、熊谷千葉市長の投稿がFBにある。

特別定額給付金の部分だけ引用すると(ちょっと長いけど)

【特別定額給付金について】
特別定額給付金についてお待たせをしており、大変申し訳なく思います。
現在、約27万件(申請に対し62%)の審査を終えており、会計処理・金融機関での審査・処理を経て、以下の日程で振り込まれます。
~7月3日(金曜日)約92,000件(振込済)
7月6日(月曜日) 約20,000件
7月7日(火曜日) 約18,000件
7月9日(木曜日) 約30,000件
7月13日(月曜日) 約35,000件
7月14日(火曜日)約37,000件
7月15日(水曜日)約37,000件
特別定額給付金について、閣議決定前、政府で議論が始まった4月中旬から準備を始め、1日も早い給付を実現するため他自治体と同様に、以前に本市の給付金事業を委託した実績のある民間事業者に随意契約で委託し、40万世帯以上の郵送物の印刷・封入・郵送、返送された申請書の処理などを行うセンターの立ち上げ、専用システムの整備などを行ってきました。
事業者の当初の計画では、立ち上げて最初の1週間(振込日としては6/19と6/23あたりまで)は開封作業やスタッフの習熟度の向上のため作業効率が上がらないものの、その後は処理スピードが上がり、週8万件の処理が可能というものでした。
ところが1週間が経過した6月中旬頃、処理スピードが当初予定していたレベルに到底及んでいないことが分かってきました。
さらに、市職員による処理から事業者の処理に移行したオンライン申請分は殆ど手が付けられていない状況でした。
そこで、人員を大幅に増員し、夜間も含めて交代制で処理すること、コールセンターにも処理端末を増台してキャパシティを増やすことを事業者に指示したほか、私からは開封作業に市職員を大量に投入して作業スピードを向上させること、オンライン申請分の処理は事業者から市側に戻し、市職員による人海戦術で残る申請分を早急に処理することを指示しました。
事業者側もすぐに対応頂き、処理体制の大幅増強によって6月下旬頃から処理スピードは大幅に向上しており、当初は1日あたり1万~1.2万件を処理して週8万件を振り込む予定でしたが、現在は1日あたり1.5万件以上の処理を実現しており、週10万件以上の振り込みが可能な状況です。
また、オンライン申請は不備がないものは全て処理・振り込みが完了しています。
しかしながら、その処理が振り込みに反映されるまでには8営業日ほどを要するため、6月は他市に比べ遅い振込状況となっており、7月にその遅れを取り戻していく形となっています。金融機関に処理を依頼できる日・上限などにも考慮しながら、できる限りの振り込みを今後も行っていきます。
事業者の見通しの甘さは、即ち私たち市側の見通しの甘さでもあり、市を代表して心からお詫び申し上げます。
また、当初に立ち返って、増員以外にも工夫の余地は無かったのか等も検証していきます。今は1日も早い処理が至上命題のため、ある程度落ち着いてからとなることをご了承下さい。
いずれにせよ、事業者はもとより、市の担当部署も膨大な苦情を受け止め、かなり疲弊している状況です。
全国の自治体でも特別定額給付金の担当部署の残業時間は相当なレベルとなっており、以前より提言しているとおり、同じ事務を全ての自治体が背負い、疲弊する現在のやり方は今回限りとし、平時より効率的・一元的に給付する仕組みの構築を政府には切に求めます。


らしい。

 4月から国会中継を見る機会が多かった。現場を知らない政府が施策を決めて、現場を知らない野党が反対する構図が繰り返されていた感がある。この給付金は「迅速」がポイントだったのだが、政府も野党も迅速にする方法を知らなかったということだ。

 そこで、熊谷市長は気合と根性に頼らないシステム構築を政府に要望しているのだろう。

 国会中継を見ていてICTに強い政治家がいないことは分かった。よく考えてみると、国会議員を選んだのは誰でもない自分たちだから国会議員は国民を写す鏡かもしれない。

 つまり、日本人はICTに弱い国民なのだ。だから、テレワークも進まないのだと思う。


【過去の投稿】


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年7月 2日 (木)

好きなことを仕事にしたらいいかも

前澤友作氏がtwitterに投稿した「好きなことを仕事にしたらいいかも」がバズっているようだ。

https://twitter.com/yousuck2020/status/1277606575058808832

 

 堀江貴文にも当てはまるが、成功者が無神経にこの発言をすると、アンチが集まってくるようだ。バッシング避けか?こんな投稿も...

https://twitter.com/yousuck2020/status/1277740269866082304

 

 好きなことを仕事にするのが難しいのではなく、諦めている人が多いだけだと思う。挑戦もせず諦めている人が大半で、一度でも挑戦して諦めている人は少数だろう。

 人は、諦めた自分に向き合うのは辛いから、そんなことはは無理だとか、成功者は特別だと言う。

 中には、イチロー氏の「好きなことを仕事にすると大変ですか?」という質問に対する答え、「僕は野球をプロとしてやってきたけど、小学生、中学生の時とはまったく違って、楽しさはゼロだった」という発言を引く人もいる。

 イチロー氏は好きなことを仕事にして、しかも成功している。しかし、一つの成功例にすぎない。決してセオリーではないから、イチロー氏を真似ても好きなことを仕事にできるわけではないし、イチロー氏とは違う方法で好きなことを仕事にできる。

 全ては、自分で考えて自分で行動しなければ始まらないのだ。

 前澤友作氏が本当に、一度も就職したことのない自分の世間知らずさを痛感しているのかは分からない。

 挑戦・行動して成功した人に嫉妬するするのではなく、挑戦しない、行動しない自分に向きあえばよいのではないだろうか。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年5月 9日 (土)

真摯に向き合う

「話してもわからん」をひっくり返したある日の学長からのメール Note (2020/04/26)

 国際基督教大学の学生による学費の一部返還を求める意見への学長からの回答。

 互いに「真摯に」向かい合うことが大切なことがよくわかる。

 互いに疑心暗鬼になると、どうせ言っても無駄だから皮肉の一つでも言ってみるとか、どうせ意見と言いながら文句だけだろうと考えると、自分の立場を主張するだけで相手の事情を斟酌しなくなる。

 匿名性が高くなるとこの傾向が高くなるような気がする。最近SNSで情報発信している首長が多くなってきた。匿名のクレーマーまがいの投稿に真摯に答えている首長の投稿を見ると尊敬してしまう。

 以前、地方のマネジャーを集めてオフサイトミーティングを企画運営していた。
この企画を始めようとしたときにまず考えたのは、建設的な発言ではなく愚痴大会になったらどうしようということだ。
参加者は、上位の部署には意見を言っても無駄だとか、本音は言えないと思っていたらしい。地方で勤務していた時には自分もそう思っていたのでよくわかる。

 世話人として気を付けたのは、意識して相手の発言の裏を読まないようにすることと、含みを持たせた発言をしないことだ。

 相手の事情をよく聴き、その上で分からないことは「分かりません」と言い、できないことは「できません」と言う。さらに、できることは「できます」と言うようにしたら気持ちが楽になった。

 相手は自分に害を与えない存在で、自分は相手に害を与えない存在であることを前提に向き合うこと。これが真摯な対応かもしれない。

 この年になると、長年の習い性なのか、生来の捻くれ者だからなのか、真摯に対応するのは難しく感じる。真摯に対応するのは修業が必要だと思う。

 しかし、互いに真摯に対応すると互いに気持ちが楽だ。


最近の投稿】【最近のよしなしごと】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年5月 3日 (日)

手作りマスク <そんなに難しくない>

アベノマスクが届かないので作ってみた。楽天で2枚で880円の手作りマスクキットを見つけてポチった。

Mask_kit

裁断してあるので縫うだけだけど、手縫いは大変だから、かみさんにミシンの使い方を教えてもらった。ミシンを使うのは小学校以来だ。

最初は練習のつもり。もちろんスピードは一番遅い。そんなに難しくない。

Mask1

 簡単にできるじゃないか。アベノマスクより大きので良いかも。

Mask2

↓こんなのも作れるかも。

 

2020年4月 5日 (日)

google翻訳 <理科系の文章は変換精度が良い>

 google翻訳の制度が上がってきている。

 ただし、明解な日本語でなければ正しく変換されない。
 理科系の文章を書いている人にとってgoogle翻訳は強力なツールになる。


 翻訳はAIの普及で無くなる仕事に挙げられている。そう遠くないと思えるくらいgoogle翻訳の精度は上がって来たと思う。

 ただし、google翻訳に優しい日本語と、優しくない日本語があると思う。

 理科系の作文技術で木下是雄先生は、明解な日本語を<日本語ではない>日本語と言い切り、「理科系の仕事の文書に関する限り、あえて<日本語ではない>日本語、明解な日本語を使うことにしようではないか」と書かれている。

 ちゃんと書けている理科系の論文はgoogle翻訳に優しい日本語だから変換精度が良いのだろう。逆に、国語の時間に教えている文学的な日本語はgoogle翻訳には易しくない。日本人でも解釈に迷うような日本語だから。

 google翻訳を使うときには、変換した文章を逆方向に変換して元の文章になるか確認している。例えば、日→英の場合、翻訳された英文を日本語に変換して、元の日本語と比較するのである。元の文章にならないときは、元の文章が曖昧でgoogle翻訳が意訳している。

 このテクニックはロシア人にメールを送るときに使っていた。バレーボールのチームメイトにロシア人がいて、毎週、練習場所と時間をメールで送っていた。ロシア語は全く読めないので変換結果の良し悪しが分からない。そこで、逆変換することを思いついたのだ。そのロシア人も褒めていたのでgoogle翻訳恐るべしだ。

 明解な日本語を書くと正しく変換される。
理科系の文章を書いている人にとってgoogle翻訳は強力なツールになると思う。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年4月 3日 (金)

部下に仕事を任せたい

部下に仕事を任せたい、んだけど…の誤解 (2020/02/22)

 仕事を部下に任せられないで、つい手を出してしまう上司はいる。自分がやった方が早いと言うけれど、実はそう思いたいだけのことも多い。

 部下の仕事のなかで、自分にできそうな仕事に手を出して、苦手な仕事には手を出さないから仕事が進まない。

 そんな上司になりそうな自覚があったから、現場から離れる決心ができなかった。その後、昇進するときに心に誓ったのは、部下の仕事を取らないこと。

 あるとき、急ぎの仕事が入ったので、部下にどれくらいでできるか聞いたら、1月以上かかりそうだと言う。自分がやるならどうやるか考えて、何種類か思いついた最短の方法は3日だった。

 そして、迷ったけど任せてみることにしたら、完ぺきではないけれど3日で解決した。とりあえず解決することが学ぶことのきっかけになることはある。部下の仕事を取らなくてよかったと思った。

 マネジャーの役割は、学び続けることをサポートするこことと、能力を向上させること、そして、問題を1日で解決できるようにすること。

 自分が問題を3日で解決することではない。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年4月 1日 (水)

台湾の「38歳」デジタル大臣から見た日本の弱点

台湾の「38歳」デジタル大臣から見た日本の弱点
「まだ多くを学ぶ必要があるが遅れている点も」
東洋経済 ONLINE (2020/02/01)

台湾の「デジタル大臣」鄭仲嵐氏のインタビュー記事。

日本では2020年度から小学校でもプログラミング教育が導入されるなど、IT教育への関心が高まっています。

との質問に対して、鄭 仲嵐氏は、

プログラミング教育は、問題を解決するための手段にすぎません。デジタルスキルとプログラミング教育はまったく別のものだということです。プログラミング教育に反対はしませんが、第2外国語の学習と同じで、学んだとしても結果的に使えなくては意味がありません。

とおっしゃる。

 プログラミング教育が始まると聞くと、子供をプログラミング教室に通わせたり、特定のプログラミング言語にこだわったり、大人が的外れなのは情報リテラシーを学んでいないからだろう。

 IT業界の人ならアルゴリズム、わかりやすく言うと段取りだ。プログラミング言語は星の数ほどある。実現方法も星の数ほどある。

 日本のIT担当大臣は批判されるけど、大臣の情報リテラシーの差が国民の情報リテラシーの差にならなければよいのだが。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年3月22日 (日)

定年前の1年

 29年前に田舎で勤務していた。そのときの課長は定年が近かったのだが、東京出張の歳に秋葉で中古のパソコンを買ってきて、Cの勉強を始めて、業務で使うツールを作るような人だった。学び始めるのに年齢は関係ないことを教えてもらった。

 定年前の最後の1年は出身県に異動して最後の花道を飾ると皆思っていたら、1年を残して退職された。訝る周囲に、「これまで上の命令で方々転勤してきたけど、辞める時は自分で決める。」とおっしゃった。

 その時は、この人カッコエ~思っただけだが、自分の人生は自分が決める!ということも教えていただいたのだと思う。

閑話休題

 今年定年になる偉い人の愚痴を聞く機会があった。定年前の最後の1年でそのポジションに異動してきたのだが、意識改革が必要だと嘆くことしきりである。

 正直、1年では難しいだろうと思った。他人の意識は簡単に変わらない。方針を説明して、行動や意思決定を見て、方針との乖離をチェックして、乖離があれば修正することをくり返さなければならない。

 偉い人は強い権限を持っているので、逐一チェックして指示すれば、表向きは変わる。しかし、偉い人がいなくなれば元に戻る。方針に納得していなければ120%戻る。

 理想的な状態は、職場の風土として定着し逐一チェックしなくてもよくすることだ。権限を持っている偉い人があと1年しかないのであれば、意識改革の必要性を理解して行動できる牽引者に引き継がなければならない。

 つまり、最後の1年になる前に意識改革の牽引者を見つけて意識付けしておかなければならない。

 引き継ぐ者がいないのに、組織の改変を行うのは最悪である。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2020年3月20日 (金)

やってきてない人に「やりたいことがわからない」のは当たり前

やってきてない人に「やりたいことがわからない」のは当たり前 (2020/02/13)

柴田朋子氏は

何か始めなくちゃ!っていうときに、「じゃあ、わたしには何が向いているの?」って問いは違うかなー、ということ。

そこまでの「自分の貧弱な経験と知識」の中から探そうとするから迷子になるの。

とおっしゃる。

 数年前身近な知人から、会社を辞めたいと相談された時に、「何をやりたいのか?」訊いてしまった。彼女は「旅行したい」と言い、本当にぶらり南米の旅に出た。

 そして、自分が転職しようと考えた時に自分に「何をやりたいのか?」自問自答してみたが答えは出なかった。

 現状が良くないと思ったときに、次に進むべき方向が見えているとは限らない。そのときに、とりあえず現状維持するか、立ち止まって考えるか、一歩踏み出すか、正解は無いのだと思う。

人に訊くときには「そんなの、自分のことだから分かってて当然だろう!」と思っていたが、全然当然じゃなかった。

 誰かに相談して「何をやりたいのか?」訊かれると答えられそうにないので、これまでに得た知識を元にして自分の頭で考えた。

 たどり着いた結論は、何が向いてるかはやってみないとわからない。でも、やりたくないことははっきりわかる、ということ。

 柴田朋子氏がおっしゃるように、経験が無いのに正しい判断は難しい。転職した経験も無いし、就活の経験もないのだから、いくら一生懸命考えても妙案は浮かばないのも無理は無い。

 だから、やってみて、間違えたら反省して、リトライする。リトライは早いに越したことはない。


最近の投稿】【2019の投稿】【2018の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック