フォト
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2018年3月12日 (月)

NHKスペシャル AIに聞いてみた 

NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン 第2回「働き方」

を見た。結構面白かった。

 このシリーズは前回のNHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」(前編)も炎上していた。そして、今回も twitterでは批判的な意見が多い。

 2017/7/22に放送された NHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」(前編) に対して、ジャーナリストの本田雅一氏が厳しい指摘をされている。

NHK渾身の「AIに聞いてみた」が炎上した必然 バズるワードへの傾倒がもたらす報道の歪み 本田 雅一 2017/07/28 
(http://toyokeizai.net/articles/-/182300)
 

この指摘は厳しい。

 東大入試に挑戦していたAIの東ロボ君生みの親、新井紀子氏は「AIvs.教科書が読めない子供たち」の中で「AI」と「AI技術」(「AI」を実現するために開発されているさまざまな技術)とを混同することの危うさについて、近年「AI技術」が急速に発展したことは事実だが、これを、「AI」た誕生したとか、「AI」の誕生は間近と勘違いすることの弊害が大きいと指摘されている。

 整理すると

  • 現時点でAIは存在しない
  • AI技術では因果関係を推定できない
  • AI技術を活用すると相関関係を見つけることができる

ということだ。

 これを知ったうえでこの番組を視ると結構楽しめる。

 例えば、

 「仕事の効率を上げたいなら、11時間54分以上働け!?」

はセンセーショナルだけど、よく見ると文末に?が付いている。つまり東スポや夕刊ゲンダイと同じだということ。決してNHKがAIを使って因果関係を解明したわけではないし、NHKが11時間54分以上働けと言っているわけでもない。

 放送をみると、「1日の労働時間中没頭度が高かったのは11時間54分以降」という事実だということが分かる。

 SNSでは自分の解釈による因果関係をつぶやいている人が多い。 その因果関係が正しいと思うなら自分で検証してみればよいことだ。NHKを批判したところで得るものはないと思うのだが。

 この放送を真に受けて「11時間54分以上働け!」という経営者や管理職はいないだろう。もしいたら、その経営者や管理職を変えようと思わないで転職するなり職場を変わったほうが良いと思う。

###

 没頭度の計測に使っていた名刺型センサーを使ってみたい。



最近の投稿】【2017の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2017年12月20日 (水)

高専ロボコン <合体は漢のロマン>

 今年の高専ロボコンは12月3日に開催された。NHKで中継していたのに外出していたので観ることができなかった。

 全国大会の動画が公開されているようだ(http://www.nhk.or.jp/robocon/kosen/zenkoku.html)

 今年の高専ロボコンのお題は「大江戸ロボット忍法長」。2台のロボットを操縦して風船を割りあうというもの。

 何か課題を完成させるのではなく、ロボットを道具にして戦うというお題だから、ロボットのデザインや製作技術よりオペレーター、つまり操縦の比重が大きい。

 関東予選と四国予選を見たけど、あまりオモシロくない。負けたチームが泣くのも良くない。NHKはヒューマンドラマ仕立てにしたいから、勝って喜び負けて悲しむ姿を撮りたいのだろう。そして、そのような編集になっている。

 うがった見方をすると、技術重視のお題にすると常連校が優勝してしまうので面白くない。偶然性を増やすと常連校以外が優勝しやすくなるのを狙ったのではないだろうか。

 オペレーターの比重が大きいということは、勝負は技術ではなく偶然性が増える。つまり勝敗は運に左右されるということだ。その分、参加者の喜怒哀楽も大きくなる。
そして、勝負にこだわるようになる。

 高専ロボコンの良いところは優勝よりロボコン大賞を目指すところだけど、今年のロボコン大賞はよく分からないなあ。勝負だけではオモシロくないなあ。

 鹿児島高専Bの合体マシンはイイね。勝負そっちのけで合体にかけるのがイイ。


最近の投稿】【2016の投稿】【2015の投稿

2017年9月12日 (火)

ガイアの夜明け <キリン炎上>

キリンビール社員の飲み会映像に激しい反発 「だからアサヒに勝てない」とネットで非難轟轟 JCASTニュース 2017/9/ 7

2017年9月5日放送の「ガイアの夜明け」は見た。昭和的だと思ったら案の定ネットで炎上しているらしい。

 J-CASTニュースはキリンの広報にインタビューしたらしいが、ありきたりの回答だ。

 放送される内容は不祥事ではないからキリンの広報は予めチェックしているのではないか。パワハラやアルハラに敏感なご時世だから、広報が気がつかないはずはないだろう。それでも放送を許可したということは、「飲みニケーションが重要」というキリンのメッセージなのだろう。

 ネットで、叩く年代はビールを飲まないという読みもあるのだろうか?。

 多くの小売には、昭和的な営業が有効だから、「ビジネスライクではなく泥臭く売ります」という小売店へのメッセージだろうか。

 それとも、「昭和式飲みにケーションができる人を募集しています」という就活学生へのメッセージだろうか。 万年2位と揶揄される体質を変えるには、「ビールは飲みません」「飲みニケーションには参加しません」という新人ではだめだというメッセージなのか?

 ところで、説教している年代はアサヒに逆転された年代、逆転されてもまだ大丈夫と思っていた年代ではないだろうか。説教されていた年代からすると「お前らが言うか!!」なことは事実だ。


最近の投稿】【最近の映画・テレビ】【2016の投稿】【2015の投稿

2017年8月24日 (木)

三四郎 <美禰子さんの気持ちはわからない>

三四郎 夏目漱石 

Photo

 テレビの地上波が面白くないのでBSを見ていたら、NHK BSプレミアムで『深読み読書会「夏目漱石“三四郎”~108年目のプロポーズ~」』 をやっていたので、見るとはなしに見た。

 漱石の「三四郎」は知っているが読んだことはない。
坊ちゃんは中学生の時に「そりゃイナゴぞなもし」くらいまで読んだ。
こころは高校生の時にがまんして最後まで読んだ。
いずれも、夏休みの宿題の読書感想文を書くためだ。

 空気を読んだり、他人の心情を慮ることが苦手な性格であることを、自覚していない時期だったから、小説を読んでも感想というものが浮かんでこなかった。

 宿題の読書感想文は、巻末にある解説を読んで書いた。その時には、解説を書いている人は、なぜ、そこまで行間が読めるのか不思議に思わなかった。勉強すれば行間が読めるようになるのだろうと思っていた。

 勉強しても行間は読めるようにならないと気が付いたのは五十路を目前にした頃だった。

 「三四郎」は田舎から都会へ出てきた青年の人間ドラマくらいのありふれた認識しかなかったから、深読み読書会の、「三四郎」を美禰子の婚活小説として読むという視点が面白い。

 男子高校生だった頃にこの視点は到底無理だ。今も無理だけど。

 深読み読書会が面白かったので青空図書館で「三四郎」を読んでみた。
やっぱり、よく分からない。

 歳をとって覚えたことは、分からないことは自分に影響が出るまで無理して判断しないという方法だ。

 美禰子さんの気持ちは分からないままにしておこう。


最近の投稿】【最近の書籍・雑誌

2017年2月27日 (月)

この世界の片隅に

「君の名は」を見に行った時に「この世界の片隅に」もやっていて気になっていたので観てきた。


(http://konosekai.jp/wp-content/themes/konosekai/images/under/special/campaign/cards/img-06.jpg)

 広島を離れて長いが広島弁で困ることはなかった。能年玲奈改め のん の声が主人公すずに驚くほどはまっていた。 ついていけない場面が何回かあった。原作では描かれていて映画化されたときにカットされたようだ。なくてもよかったのだと思う。

 主人公のすずは両親の世代だ(すずは2017年で92歳)。自分の生家は広島や呉のような都会ではないのだけれど、当時、両親や叔父、叔母たちの日常もこの映画のようだったのだろう。

 子供の頃、両親や叔父、叔母から戦時中の話を聞くことがあった。最近はテレビで戦時中の映像を見ることはあるが、どこか遠くの世界で起こったこのように見ている。しかし、身近な人から聞く戦時中の話は映像ほど鮮やかではないがリアルだ。

 この映画は広島、呉が舞台で、登場する人が広島弁で話し、そして、広島弁が自分の言葉だからなのだろうか、両親や叔父、叔母から話を聞いているようなリアルさを感じた。


最近の投稿】 【最近の映画・テレビ

2017年1月20日 (金)

君の名は

君の名はを見てきた。


(http://cinema.ne.jp/wp-content/uploads/2016/08/e1c2381d1752077ee73ae12a6f5b3b1b-760x638.jpg)

ずいぶん前に見た娘の評判は芳しくなかった。あらすじを聞いていたので、時系列で迷子になることは無かったのだけれど、伏線てんこ盛りなので、全て憶えていられない。「そいうことか」は幾つかあったくらい。

『君の名は。』深すぎる「15」の盲点 シネマズ (2016/9/27) のようには見つけられない。

明確なメッセージは無かったように思う。分からなかった可能性は大きいのだが...

それより、廃部になった無線部の部室のシーンでTS520が出てきた。


(http://www.hamlife.jp/wp-content/uploads/2013/09/ts-520x-1.jpg)

ファミコンよりX68000より懐かしかった。


最近の投稿】 【最近の映画・テレビ】 【最近のRF

2017年1月 4日 (水)

高専ロボコン2016 <起こる可能性があることは、いつか起こる。しかも、大事な場面で>

 NHKで高専ロボコン2016をやっていた。

 2016年の優勝は決勝戦で再試合を制した香川高専高松キャンパス。ロボコン大賞は2年連続で奈良高専だった。

 2016年のお題は島を渡って箱を積み上げる「ロボット・ニューフロンティア」。常連の奈良高専の強さは際立っていた。高松高専は6段以上積めないけれど何回やっても6段を積み上げる安定度が勝因だろう。機械に求められるのは、「いつでもどこでもちゃんと動くこと」だ。「起こる可能性があることは、いつか実際に起こる。しかも、大事な場面で起こる 」はマーフィーの法則だけれど、奈良高専は本当に起ってしまった。

 木更津高専のロボットもよかった。栄光の「アイディア倒れ賞」。


http://deviceplus.jp/wp-content/uploads/2016/11/kosen2016-quarter-finals_01.jpg

 2016年は、ABUロボコンで東京大学が優勝、WROで愛媛県立八幡浜工業高等学校が優勝した。ものづくり日本の危機が叫ばれて久しいが、上流工程だけでは技術を得ることはできない。ロボコンを経験した若者に期待しよう。


最近の投稿

2016年10月 9日 (日)

とにかくやってみる! やりゃあなんとかなる!

発明と家族愛ーいかにしてすばらしい発明は生まれるか? 神谷明日香 TEDxKyoto 2016/1/30
(http://www.ted-ja.com/2016/01/fa-ming-tojia-zu-ai-ikanishitesubarashiifa-ming-hasheng-mareruka-shen-gu-ming-ri-xiang-tedxkyoto.html)

「とにかくやってみる!」
それが上手くいかなくても分かることがある。
「やりゃあなんとかなる!」

がいいね!

 こんな簡単なことは小学生に言われなくても分かっていそうなものだけれど、歳をとると忘れてしまうんだよね。

 神谷明日香氏もプレゼンの中で言ってるけど、磁石と金属の性質は小学校3年生で習う。

 重要なことは、小3レベルの知識でも、知識を活用してアイディアを目に見える形にする力だよね。

 現場では、知識だけでは食っていけないから、知識を目に見える形にする力が求められる。 アタマがいい人は知識をたくさん持っているけど...やらないよね。

 「やった者にしか分からないことがある。」っていうのは、学校では教えてくれないこと。だから財産。


最近の投稿】【最近の映画・テレビ

2016年6月28日 (火)

情熱大陸 2016/06/26 横山由依 <カリスマではないリーダーのありかた>

2016/6/26 の情熱大陸は AKB48グループ2代目総監督 横山由依氏だった

 TBSの番組紹介「カリスマではないリーダーのありかた」とある。たしかに、高橋みなみ初代総監督のリーダーシップとは異なるリーダーシップのように見える。

 とはいえ、1年間の引き継ぎ期間はあったわけだし、創成期を支えたエースといわれる人たちが卒業し、初代総監督の高橋みなみ氏も卒業したから、高橋みなみ総監督と同じようにしなければならないというプレッシャーは無いのだろう。 逆に自分らしさを出すのが難しいのかもしれない。

 番組中の「中間管理職のようだ」というナレーションがあった。 更に、AKB総選挙や握手会などで現役アイドルとして評価されているから、言うなればプレイング・マネジャーだ。

 AKB48グループに「カリスマ」がいなくなったのか、「カリスマ」が不要になったのかは定かでない。しかし、 リーダーシップの形はカリスマ型だけではないので、横山由衣氏のリーダーシップを発揮すればよいのだと思う。

 注目しておこう。


最近の投稿】【最近の映画・テレビ

2016年5月28日 (土)

祖父を守るためのシンプルな発明 <重要なことは創造力を発揮したこと>

祖父を守るためのシンプルな発明  スパープレゼンテーション ケネス・シノズカ
(http://www.nhk.or.jp/superpresentation/pastprogram/160505.html)

 

祖父の身を守るための僕のシンプルな発明 TED
(https://www.ted.com/talks/kenneth_shinozuka_my_simple_invention_designed_to_keep_my_grandfather_safe?language=ja)

自作のデバイスが初めて祖父のはいかいを検知したとき、僕は、テクノロジーで生活の質が上がることを実感しました。

 ケネス・ジノズカ氏が実用化した徘徊検知システムは 靴下に圧力センサを取り付けて、BTLEでスマホに通知する仕組みだ。 現在はバッチに傾斜センサ+BTLEが入ったデバイスに進化しているようだ。

 徘徊検知システムならば、 ALSOCの徘徊検知システムは焦電センサーと扉の開閉だから、監視対象にセンサーを取り付ける必要がない。

 

画像認識技術を使用した徘徊検知システムもある。画像認識技術を利用すると、ガスコンに近づいたことも検知できるようだ。

 高度な技術を使った徘徊検知システムは沢山あって実サービスが提供されているようだ。

 重要なことは、システムの巧拙ではなく、頭の中のアイディアを現実の物にしたことである。

 新しいアイディアを思いつくことは想像力だ。 創造力とは思いついたアイディアを現実の物にすること。 つまり、昨日無かった物を今日現実の物にすることだ。 そのためには、現実の物にするための技術・技能が必要になる。

  ケネス・ジノズカ氏が実用化した徘徊検知システムの場合は、電子回路設計・製作技術、プログラミング技術である。

 評価されるべきは、目的を達成するために自ら学び、修得した技術を目的達成に使った ことだろう。

  • 問題を解決するために技術を学び
  • 問題を解決するために、技術を使う

この姿勢こそが技術者として不可欠な資質ではないだろうか。

 訓練で修得した知識・技能だけで仕事をしている人はこの資質が足りないように思う。 言い古されていることだけれど、今の日本の教育システムでは、創造力は育たない。

 現場は、人が足りない、技術屋崩れの年寄りがマネジメントできない、という問題はあるが、そもそも技術者に必要な資質(創造力)を持った者を採用していないのではないだろうか。

 ところで、

 この画像(Youtube)をみると、高校生のくせにデジタルオシロ持ってるじゃなか。(ウラヤマシイ) 両親に理解と財産があるのだろう。

 日本ではピアノを習っている少年・少女たちは多い。 彼ら、彼女らの多くは、ピアノを買い与えられているのではないだろうか。(御多分に漏れず我が家も電子ピアノを買い与えたクチだ。)

 もし、中学生の息子・娘が、パソコンが欲しいとか、オシロが欲しいとか、ロジアナが欲しいと言ったら買い与える親がどれくらいいるのだろうか。

 と考えると、教育システムの他に、子供の将来を想像する力のない両親もかなりの問題だと思う。