フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

MyList

書籍・雑誌

2022年7月25日 (月)

はやぶさ2のプロジェクトマネジャーは なぜ「無駄」を大切にしたのか

はやぶさ2のプロジェクトマネジャーは なぜ「無駄」を大切にしたのか? 津田雄一 朝日新聞出版

2_20220721232101

成長とマネジメント

〇メンバーの成長

メンバーを成長させるために、トレーニングは不可欠だ、

仕事を離れて学ぶ機会(Off-JT)は貴重だ。失敗が許されるから、初心者や技能が足ない者が経験を積むことができる。

一方実業務では致命的な失敗は許されないし、小さな失敗も無くそうと考えるのが自然だ。だから、失敗が少ない人が担当する。
そうすると、失敗が少なくなるが、他の人は失敗が多いまま成長しない。
そして、1人に負荷が集中し、熟練者の代わりがいなくなり、大きなリスクを抱えることになる。

実業務を通して学ぶ(On-JT)を行う場合は、失敗を想定して、失敗の許容範囲を広げることが必要になる。失敗を想定していれば予めリカバーの準備ができる。
負荷は分散し、担当者が何かの要因でいなくなったとしてもカバーできる。


〇マネジメント

欧米発のマネジメント論を読むと、システマティックでわかり良い。
日本のマネジメント論は、忖度、気合いと根性、高邁なリーダーで分かりにくい。

欧米のマネジメントはレシピだから、レシピどおりに実行すればそこそこの成果が上げられる。
メンバーの能力をどこまで引き出せるかはマネジャーの能力次第だが、100%以上引き出すのはかなり難しい。

能力の高いメンバーを集めることが重要だ。そして、能力の評価、成果の評価を標準化して、低評価者を入れ替えて、メンバーの能力を維持する。
メンバーを選ぶときに多くの候補者から選択できることが重要だから、流動的な労働市場があって、自由に労働力を調達できる環境が前提だ。
ところが、メンバーの選択肢がなかったり、簡単に入れ替えることができない場合はこのマネジメント手法は使えない。

日本のように、労働市場の流動性が低かったり、ようやくメンバーを集めたような社内プロジェクトなどでは、メンバーが100%以上の能力を発揮するマネジメントが必要になってくる。
100%以上の成果を残す簡単な方法は、長時間労働だけど、恒常的になるようだとマネジメントが崩壊している。

〇再びメンバーの成長

メンバーが成長すれば、当初の能力の100%を超えることができる。

能力を獲得したり向上するする時期(インプット)と、その能力を発揮して成果を上げる時期(アウトプット)がある。
マネジャーがインプットに関与しないマネジメントでは、メンバーはなかなか成長しない。

当初の能力を超える能力を発揮できるためには、マネジャーがインプットまで関与するマネジメントが必要だ。
短期的には、成果に直結しないけれど、メンバーは成長できる。
これがこの本でいう「無駄」だろう。

〇無駄

「無駄」を許容するマネジメントは、結構勇気が必要だ。それができたのは、津田雄一氏の資質によるところが大きいのだろう。
そして、それを見守る年寄りも相応の覚悟があったのではないだろうか。JAXAが津田雄一氏を育てようとしているのかもしれない。

年寄りは、出しゃばらず次の世代に任せること。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年7月13日 (水)

闘うプログラマー

闘うプログラマー 著:G・パスカル・ザカリー 訳:山岡洋一 日経BP社

Photo_20220709222501

デビット・カトラー氏がWindows NTを作ったお話。
当時、MicrosoftがDECからVMSを作ったデビット・カトラー氏を引き抜いたニュースは目にしていた。
移り変わりが早いコンピュータ業界で、デビット・カトラー氏は既に大物だった。
コンピュータ業界に限らず大物を引き抜いて失敗することはよくあることだ。
マイクロソフトのような若い企業と、終わった感があったVMSの組み合わせは違和感があった。
だから、成功しないだろうと見ていた。

当時はダウンサイジングの時代で、汎用機、ミニコンからUNIIXにシフトしていたから、サバー用OSを持っていないMicrosoftにとっては社運をかけた事業だったのだろう。

結果的には、NTはリリースされ、Windowsの皮を被ってやってきた。情シス部門にいたときには NTに手を焼いたのでNTを使いたくなかった。それでも、結局、UNIXワークステーションを駆逐した。
そして、駆逐できなかったLinuxに市場を奪われたが、しぶとく生き残っている。

引っかかったのところは

小さな組織はいかに鋭敏であったとしても、必要な人材をあつめることも、資源を動員することもできない

技術者の世界では、チームは個々人の仕事の価値を保証するものである。

  • 大量のリソースが必要なら、大きな組織が必要
  • 創造的な仕事では多様性を、保つチームワークが必要

ということだろうか。

これくらいの大きなプロジェクトになると、Microsoftくらい体力がなければ続けることは難しいだろう。

容赦なく能力で評価すれば、否応なく多様になる。
とくに、プログラミンングの世界では、優秀さは国籍、人種、性別、信条、学歴とは無関係だ。

能力第一で評価すると、猛獣のようなメンバーが集まってくるから、メンバーを統率するリーダに不可欠な要素は能力だ。
組織の器はリーダの器と同じと言われる。カトラーだからこそ能力が高いメンバーを集められたのかもしれない。

ところが、PHDを持った者の方が優秀だという信念を持っている者がマネージャになると、優秀さではない要素でヒエラルキーができる。そして、ヒエラルキーは拡大し組織は官僚的になる。
マイクロソフトも例外ではなく、この本に出てくるCairoプロジェクトは頓挫している。

ふと、わが国のデジタル庁はどうかと考えた。
デジタル庁の案件はどれも国家規模の大きな案件だから、デジタル庁でなければなし遂げられないだろう。
ところが、残念ながら官僚的だ。
優秀な、アーキテクトやプログラマーを統率できるリーダがいるのか、プロジェクトメンバーと官僚と橋渡しができる官僚がいるのか?

厳しそうだ。最初からわかっていたことではあるけれど。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年6月23日 (木)

キラッキラの君になるために

キラッキラの君になるために 小林さやか 

ビリギャル」の著書は塾講師坪田信貴氏で、この本の著者はその主人公小林さやか氏だ。

Photo_20220618134301

電子書籍化されていないので、Bookoff Onlineで買った。

2_20220618134301

なんとサイン本じゃないか。
前の持ち主は、サインをもらったけどブックオフで売ってしまったんだろうな。
ブックオフは直筆サインでも、落書き扱いだから安かった。

小林さやか氏のTwitterによると

らしい。

試験や大学について、小林さやか氏は

試験に頼らない生き方は、「死ぬほどの努力+運とセンス」がないと生きていけない。試験に受かるよりも何倍も厳しい世界だ(と、思う。やったことないから、わかんないんだ けど)。
それでも、これで食っていきたい!と思えるものがあるって、超恵まれてる。私、そういう人にすごく憧れる。そういう人は、相当な覚悟が必要だけど、その覚悟ができるくらいのものがあるなら、勉強なんてしてる時間あったらそっちに費やしたほうがいい。

そして、

でも、私みたいにそういうものがなにもない人は、「いい大学に頑張って入る」と いう選択肢は、自分の世界を大きく広げてくれる、確実で手っ取り早い方法のひとつだと思う

とおっしゃる。

それも一つの生き方だ。
経験では、これで食っていきたいと考えるには「相当の覚悟」は必要ないと思う。
しかし、「普通の覚悟」は必要だ。
「いい大学に頑張って入る」と いう選択肢は、覚悟を先延ばしにすることなのだろう。
別に悪いわけではない、いつか覚悟しなければならないのだから。

環境で覚悟せざるを得ないこともあるし、自ら決心して覚悟を決めることもあるだろう。いずれにしても生きていくうえで覚悟は必要だと思う。

小林さやか氏は入試の後の人生で覚悟を極められたのではないだろうか。

###

前々職は技術系の公務員だった。昔は、高校卒Ⅲ種、専門学校、高専、工業大学、有名私学、国立大学と学歴に多様性があった。
そしてそれぞれ、覚悟した時期が異なるようで、就職する前から覚悟している人もいれば、未だに覚悟ができていない人もいた。
学歴によらず、覚悟している人の方が仕事ができることが多かった。

最近は、大卒Ⅱ種を採用するようになったので多様性がなくなった、そして学歴、出身校によらず覚悟していない人が増えている。

マネジメント的には、覚悟できていない人が増えたら、技術力の低下などの変化が現れた。組織の技術力は学歴とは関係は無いようだ。
つまり、覚悟できていない人を採用するならば組織な対応が必要だということだろう。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年6月17日 (金)

理系思考

理系思考 分からないから面白い 元村有希子 毎日新聞社

Photo_20220613225701

毎日新聞の連載コラム「発信箱」に2004年から200年に掲載された記事と、著者自信のコメントを集めた本。

全国紙の連載コラムという性格上、時事ネタが多い。そういえばそんなことで騒いでいたなあ...とか、一昔前の話題なのに全く問題が改善されていないとか、考えながら読んだ。

時事ネタの本は、10年後20年後に読むと、答え合わせのような感じがする。
その時の問題提起や指摘が的外れだったのか、的を射ていたのかは、時間が証明してくれる。

ワイドショーで見かけるウケ狙いで言い放しのコメンテーターのコメントは時間と共に消えていく。
文字にして、しかも後年書籍になると、著者にすれば結構覚悟がいるのではないだろうか。新聞記者の諚だ。

新聞と若者というテーマで書かれたコラムがある。
コラムが掲載された2005年当時、すでに若者の活字離れは進んでいたし、戻らないであろうことは、多くの人が認識していた。

私たちが汗を流して作っている新聞が、ここまで若い人たちに受け入れられないのは、やはりがっかりする。でも、せめて若い彼らが言った三つの注文を解決しないことには、新聞離れはどんどん進むだろう。
 時代に合うようなモノに作り変えていくのか、それとも時代をこちらに引き寄せるのか。昔の新聞は後者だったかもしれない。今はそれで生き延びることは難しい。
 2005.10.19

今読むと、時代との乖離を感じる内容だ。当時読んでも時代遅れ感がある内容だと思う。

時代に合うようなモノに作り変えていくのか、それとも時代をこちらに引き寄せるのか。昔の新聞は後者だったかもしれない。今はそれで生き延びることは難しい。

の認識は正しいと思うのだが、新聞はこの15年間何をしていたのだろうか。
新聞は、科学・技術を活用した新しい著作権のあり方を主導する立場にあったはずだ。
しかし、再販問題では、賛成意見を全く無視して反対キャンペーンを展開していた。公平なメディアなら賛成意見も掲載するのだろうが、反対意見しか掲載しなかった。
つまり、国民が科学・技術の利益を享受するより、著作権という既得権益を守ろうとしたのだ。

当時、毎日新聞のスタンスにずいぶん失望した記憶がある。

将来、全国紙は生き残れるのだろうか?
デジタル版の新聞を購読するなら、日経を選ぶよなあ。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年6月14日 (火)

科学のトリセツ <科学する心>

科学のトリセツ 元村 有希子 毎日新聞出版

Photo_20220612135901

サンデー毎日のコラムを書籍化したもの。

「50歳のおばさんになった自分なんて想像できない」とか裏声で言っていた20代の私を「お~ま~え~は~あ~ほ~か~*!」と叱りつけたい。

*おまえはあほか
上方漫才トリオ「横山ホットブラザーズの十八番。のこぎりを曲げながら7回叩いた音が「お前はアホか~」と聞こえるこの芸は「大阪名物」と言われた。のこぎりを担当した横山アキラさんは2020年、88歳で死去。

なるほど、注釈はこんなふうにつければよいのか。

元村有希子氏は同年代だからだろうか、つい、「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」に反応してしまった。
横山アキラさん亡くなっていたことを知った。ご冥福をお祈りいたします。

閑話休題

イモリを愛する少年のセンス・オブ・ワンダー (2018・5・8)
で、イモリが好きで、捧げる曲まで作ってしまった小学生の部屋匠くんが紹介されている。
彼は「音でおびきよせられないか」と考え、イモリが好きな音を調べて分かった、周波数630~2000ヘルツの音域で「イモリに捧げる曲」を作曲し、塩ビ管を通して小川で流してみたら、予想通り、イモリが集まってきたらしい。

このコラムは、

イモリ好みの曲が分かって何の役に立つの? なんてまったくの愚問。まっすぐな「科学する心」がまぶしい。

で結ばれている。

イモリが好む音域が必要な人は極々少数だから、この研究成果の価値は低い。と考えるのは「科学する心」を失った大人の視点だ。

彼は、「イモリが好む音がある」という仮説を立てて、それを実験で実証している。
つまり、研究者に最も必要な「科学する心」を持っていて、基本的な、実証方法を体験から習得している。

大人ができることは、彼の「科学する心」を潰さないようにすることだろう。
部屋匠くんが、将来研究者になるかはわからない。
しかし、研究者にならなくても、仮説を立てて、検証方法を考え、問題を解決したり、最適解を求めたりするのは、理系、文系に限らず誰でもが必要なスキルだ。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年6月11日 (土)

ビリギャル <自らの意思で学ぶこと>

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 坪田信貴 KADOKAWA

Photo_20220611211901

2013年にこの本が話題になったときに、塾講師の受験戦争を勝ち抜くためのメッソド自慢かと思ってスルーした。
当時の話題も「偏差値30」や「慶応大学」、「塾講師の教育メソッド」がフォーカスされていたように記憶している。

学んだ結果の成功体験は重要だ。その点で入試はわかりやすく、合格/不合格、合格した学校は非常にわかりやすい成功体験だ。
しかし、キモは主人公が「自らの意思で学ぶこと」を得たことではないだろうか。

慶応大学で学ぶことで得たことは重要だ。
慶応大学というラベルは昭和、平成ではかなり長い間効力があったけれど、効力の有効期間は短くなっているようだ。

主人公の小林さやか氏のTwitterによると


らしい。

その小林さやか氏は2022年秋からコロンビア大の大学院に留学されるらしい。
元ビリギャル・小林さやか「米国名門大学院進学」決めた理由とは? 東洋経済Online (2022/04/24)

自己実現のために自分の意志で学んでおられるわけだ。
つまり、小林さやか氏にとっては慶応大を卒業して10年後には、慶応大のラベルより、「自らの意思で学ぶことを得た」ことのほうが有効なのだろう。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年4月30日 (土)

ワークスタイル変革 <使う人が作るしかない>

ワークスタイル変革実践講座 変われる会社の条件 変われない会社の弱点
編:森戸 裕一,JASISA インプレスR&D

Photo_20220415204401

サイボウズ、日本マイクロソフト、セールスフォース・ドットコム、ソフトバンク、グーグル、シスコシステムズ各社のエバンジェリストへのインタビュー集。
2015年10月から2016年1月にかけてインタビューされたものだから、もう6年以上前の話だ。
また全然追いついていない会社もあるのではないだろうか。

◯ 転機は2011年の東日本大震災

マイクロソフトの西脇資哲氏、ソフトバンクの中山五輪男氏、シスコシステムズの八子知礼氏は、2011年の東日本大震災がワークスタイルの転機だったとおっしゃる。

いずれもITのトップランナー企業だから、2011年より前に変革は始まっていて、東日本大震災をきっかけに完全に変わったのだろう。

この度のコロナ禍への対応を見ても、それまでにワークスタイルを変えようとしていた企業は変われたようだが、未だに変われない企業もあるようだ。

周回遅れどころか、トップランナーがゴールしたときにまだスタートラインに立っていないようなものだ。

◯ 偶然だけど
情報システムをクラウド移して、コミュニケーションをビデオ会議とチャットにした職場と、情報システムをインターネットから切り離して、コミュニケーションは会議室での会議と紙の職場を知っている。

情報が共有できて意思決定が速いの断然前者だ。
対面でのコミュニケーションの方がより多くの情報を共有できそうな気がするが、四六時中顔を合わせていないと情報は共有できない。しかも、意思決定は遅い。

意思決定の速度を比べると感覚的だが3~4倍違うような気がする。

◯ グーグル 佐藤芳樹氏は

Google Appsはもともと我々の社内システムなのです。それを他社にも使ってもらえるよう公開したのがクラウドのサービスなので、それを使う人たちは当然その人たち独自のワークスタイルを作っていくべきなのです。グーグルから「こうした働き方をしたほうがいいですよ」と提案することは、これまでもこれからもないでしょう。

とおっしゃる。

情報システムをクラウドに移行しても、情報の扱い方が変わっていないこともあるようだ。
昔のやり方を、新しい技術を使ってやっているから、ボトルネックはたいてい人だ。しかも、人が楽になっていない。
コンサルはアドバイしないようだ。契約にないこともあるが、ワークスタイルを押し付けても無駄になる可能性は高い。

ワークスタイルは使う人達が作るしかないのだと思う。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【働き方改革】【雑誌・書籍】 

2022年4月 9日 (土)

ビジネス力養成講義 プログラミング/システム <世界が変えられる>

実況!ビジネス力養成講義 プログラミング/システム 岡嶋裕史 日経BP

Photo_20220404000201

書きたかったのは最後の一節だろうか。

 後ろ向きな撤退戦を戦うのは飽きました。ぼくが生まれた頃はいまより貧しかったですけど、みんなもうちょっと楽しそうでした。誇れる技術があって、自分の技術で社会を変えると本気で思って仕事をしていました。いま、世界は複雑になって、手仕事で世界と関わるのは尻込みします。
 でも心配ありません。ぼくらには新しい、いい武器があります。プログラミングを介して、情報システムを駆使して、世界を変えるような大仕事を始めましょう。

非IT系の人にはこの本くらい、噛み砕いて説明しなければ通じないのだと思う。
でも、噛み砕いた文章をこれだけの分量書く根気が無いなあ。

技術者に向けた本ではないからだろうか、マネジメント層にこそプログラミングの知識が必要ととおっしゃる。
しかし、これまで紙とハンコと気合と根性に頼ってきた古いマネジメント層には難しいだろう。
だから、これから新しい価値を生み出そうとしているマネジメント層を対象としているのではないだろうか。

そのために教育は重要だ、岡嶋裕史氏は教育者だけあって、プログラミング教育についても多くの頁を割いてある。

 私も色々実験してみたのですが、モチベーションがさほどでもない一般的な小学生にScratchを一から教えるとなると、S/T比(教員1人あたり学生数)は7~8にしないとクラス運営が怪しくなります。S/T比7~8なんて、どんなお金持ち私学もやっていません。現場はかなりつらいことになっています。

岡嶋裕史氏は生徒と教師の比を7~8にしないとクラス運営が怪しくなるとおっしゃる。
この感覚は実際に教えた人でないとわからないだろう。
1人で30人の児童・生徒を相手にするのは困難だ。
講義して、ハンズオンをやって、疑問に答えるのは1人ではできない。

悔しいのは、全く理解されなかったときではなくて、もう少しで理解できそうな状態になっている児童・生徒を見守れないことだ。

教育の現場には、全員がプログラマーになるわけではないとおっしゃる先生が少なからずいらっしゃる。
プログラマーでなくてもプログラミングの知識は必要なのだ。
教師がプログラミングの知識を得れたら教育が変えられる。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年3月 8日 (火)

「やめる」という選択 <「やる・やらない」なら「やる」方を選ぶ>

「やめる」という選択 人生の「埋没コスト」 澤 円 日経BP

Photo_20220305173301

澤円氏は、

「やる・やらない」という選択肢があるときは、必ず「やる」ほうの選択肢を選び続けたことは、ひとつの効果的な行動方針としてみなさんにおすすめできます。

とおっしゃる。

1年前誘いを受けて転職した。
そのときに、転職するか結構迷った。そして、迷った結果「現状維持でない方を選ぶ」ことにして、転職することにした。

結果が良かったか悪かったかはまだ分からないが、悪くはないと思う。
もし、よくなかったら、戻るか、違う選択肢を選べば良いだけのことだ。

今考えると、なぜ迷っていたのだろうかと思う。

無意識に続けていることを、考えてみてメリットが無いなら「やめる」。
そうすると「やる、やらない」の選択肢が現れたときに、「やる」方を選びやすくなるようだ。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ

2022年2月11日 (金)

手紙屋 <僕の就職活動を変えた十通の手紙>

手紙屋  僕の就職活動を変えた十通の手紙 喜多川泰 ディスカヴァー・トゥエンティワン

Photo_20220210222501

物語の中で手紙屋氏は

天秤の片方の皿の上には、あなたの手に入れたいものを載せます。そして、それと釣り合うものを、釣り合う量だけ、もう片方の皿の上に載せたときに、あなたの欲しいものが手に入るのです。

とおっしゃる。この考え方はわかりやすい。

自分が載せるものは、金銭とは限らない。
知識、技能などの能力や労働力、時間など、欲しいものを持っている交換相手にとって価値があるものだろう。
成績やスキルなど相手がいないものは努力のように定量的でないものになる。すると、天秤が釣り合っているのか、あとどれくらいで釣り合うのか分からなくなる。

物語の中で手紙屋氏は「ピンチ」について、

自分が手に入れたいものに対して、反対の皿に載せているものが違っていたり、足りていなかったりするにもかかわらず、それが手に入ってしまうことが、人生の中では何度かある。それこそが『本当のピンチ』なんです。
そういうことが一度あると、その後も人生においてそれを期待することになるかもしれません。

とおっしゃる。
本当の「ピンチ」は「待ちぼうけ」状態になることだとおっしゃる。

「ピンチ」と「チャンス」について考えてみた。
たしかに、「待ちぼうけ」状態になるのはピンチだ。

明らかに、載せているものが少ない場合は、釣り合っていないのに欲しいものを手に入れたことがわかるだろう。
しかし、少なからず何かを載せている場合には、釣り合って手に入れたのか、釣り合っていないのに手に入れたのかは、分からないと思う。

更に、欲しいものの価値は時代と共に変化する。
普及して供給が増えたり、需要が減ると価値が下がるから、自分が載せるものも少なく釣り合う。

例えば、昔はコンピュータは高価だったし、プログラミング言語を習得しなければ使えなかったから、載せるものはかなり多かった。
ところが今は、コンピュータは安価になり、専門的な知識がなくても使えるようになった。

つまり、自分が載せるものを増やさなくても、欲しいものが手に入ることはよくあることだ。
逆に、自分が載せるものを減らしていないのに、今まで得られていたものが得られなくなることもある。

天秤のたとえ正しい。
自分が何を載せるかは重要だ。一方でどれだけ載せるかは簡単には判断できない。

だから、欲しいものが得られた時に、釣り合っているかどうかより、その後どうするかの方が重要だと思う。

経験では、得たものを、他に欲しいものの天秤に乗せると好循環が生まれるようだ。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【雑誌・書籍】 【Yoshiのブログ