フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

MyList

よしなしごと

2024年7月22日 (月)

生成AIは賢くなったのか <教科書は読めるようになっている>

2023年3月頃にChat-GPTで遊んでいた。

あれから1年たってどれだけ賢くなっているのか試した。

〇結論

  • 文章理解の精度は向上して、読めばわかる問題は正しく答えられる。
  • 思考していないので、解答例のない問題は誤った答えを出力する。


Micorosoft CopoilotはChat-GTP4ベースらしいのでCopilotに同じ質問をしてみた。
まず「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」に、取り上げられていた問題

〇ポルトガル人問題

問題:
・幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた。
1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた。
以上の2文は同じ意味でしょうか。

2023/3 Chat-GTPに同じ質問をしたら、

はい、両方の文は同じ意味です。

と答えた。
2024/7のCopilotは

この2文は同じ意味ではありません。

1.「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた。」
  - 幕府が主体であり、ポルトガル人を追放し、大名に沿岸の警備を命じたことを示しています。

2.「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた。」
  - ポルトガル人が追放されたことが先に述べられ、その後に幕府が大名から沿岸の警備を命じられたことを示しています。この文では、幕府が命じたのではなく、命じられた側であることを示しています。

したがって、文の意味が異なります。

と答えた。
2023/2のChat-GTPは受け身文の解釈ができなかったようだが、2024/7のCopilotはできるようになっている。
つまり、AIは読めばわかる問題は分かるようになっている。
「教科書が読めない子どもたち」や「「教科書が読めないまま成長した大人たち」にとっては脅威だと思う。

〇嘘つき族と正直族と泉のパズル

古典的なパズル「嘘つき族と正直族と泉のパズル」のバリエーションとして「正直天使、嘘つき天使と分かれ道の質問」をChat-GTPに問うといずれも正解を出力していた。
もちろんCopilotも正解を出力する。

異なるのは

正直族と嘘つき族の問題と、分かれ道と旅人と2人の天使の問題は同じ論理構造ではありませんか?

に対して、
2023/3のChat-GTP

正直族と嘘つき族の問題と、分かれ道と旅人と2人の天使の問題は、一見すると似たような論理構造を持っているように見えますが、微妙に異なる部分があります。正直族と嘘つき族の問題は、主に相手の発言の真偽を判断することに焦点が置かれています。一方、分かれ道と旅人と2人の天使の問題は、ある条件を満たすために最適な選択をすることに焦点が置かれています。つまり、正直族と嘘つき族の問題では、相手の発言を正しく解釈することが肝心ですが、分かれ道と旅人と2人の天使の問題では、自分自身の選択に関する判断力が必要です。

と答え、
2024/7のCopilot

はい、「天使と分かれ道問題」と「正直族の村人と旅人問題」は同じ論理構造を持っています。どちらの問題も、真実を話す者(正直な天使や正直族の村人)と嘘をつく者(嘘つき天使や嘘つき族の村人)が存在し、どちらに質問しても正しい答えを得るための質問を考える必要があります。

両方の問題では、以下のような共通点があります:

  1. 真実を話す者と嘘をつく者がいる:どちらの問題でも、真実を話す者と嘘をつく者が存在します。
  2. 一回の質問で正しい答えを得る:どちらの問題でも、一回の質問で正しい答えを得る必要があります。
  3. 質問の工夫:質問の仕方を工夫することで、どちらに質問しても同じ答えが得られるようにします。

このように、両方の問題は同じ論理構造を持っており、質問の工夫によって正しい答えを導き出す点が共通しています。

と答える。

2024/7のCopilotは「論理構造」の差異に関する問いであることを正しく理解し、問題分の論理構造を理解しているように見える。

〇贋金と天秤のパズル

贋金と天秤のパズルは、見た目で違いが分からない9枚の金貨から、天板秤を2回使って、少し重い1枚の金貨を見つける、古典的な問題だ。

2023/3のChat-GTPは正しい手順を出力していた。
しかし、9枚の金貨を10枚に変えると誤った答えを出力していた。

Copilotoに対して

問題
目で見ただけでは違いが判別できない、10枚の金貨があります。
10枚のうち、少しだけ重い金貨が1枚あります。
天秤秤を2回だけ使って、重い金貨を判別する方法を教えてください

を問うと

10枚の金貨の中から少しだけ重い金貨を天秤秤を2回だけ使って判別する方法は次の通りです:

  1. 最初の計量
    - 10枚の金貨を3つのグループに分けます。例えば、3枚、3枚、4枚のグループに分けます。
    - グループA(1, 2, 3)、グループB(4, 5, 6)、グループC(7, 8, 9, 10)とします。
    - グループAとグループBを天秤にかけます。
  2. 結果の確認
    - ケース1:グループAとグループBが同じ重さの場合
      - 重い金貨はグループCにあります。
      - グループC4枚(7, 8, 9, 10)のうち、3枚(7, 8, 9)を選び、次の計量に進みます。
    - ケース2:グループAとグループBのどちらかが重い場合
      - 重い方のグループに重い金貨があります。
      - 重い方のグループ(例えば、グループAが重かった場合、1, 2, 3)を使って次の計量に進みます。
  3. 次の計量
    - 重い金貨が含まれている3枚の金貨を2枚ずつ天秤にかけます。
    - 例えば、1と2を天秤にかけます。
  4. 最終結果の確認
    - ケース1:1と2が同じ重さの場合
      - 重い金貨は残った1枚(3)です。
    - ケース212のどちらかが重い場合
      - 重い方が重い金貨です。

この方法で、天秤を2回使うだけで重い金貨を特定することができます。

と答えた。

文章理解の精度は向上していても、思考しているわけではないようだ。

〇結論

  • 文章理解の精度は向上して、読めばわかる問題は正しく答えられる。
  • 思考していないので、解答例のない問題は誤った答えを出力する。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【AI

2024年7月19日 (金)

続・技術者への転職のススメ

続・技術者への転職のススメ、人月商売からの脱出に向け勇気を出せる話をしよう
木村 岳史 日経クロステック/日経コンピュータ (2024/06/24)

木村岳志氏から若い技術者に向けたエール。

木村岳志氏は

人月商売のITベンダーが手掛けるシステム開発や保守運用の仕事、つまりIT業界の大勢の技術者が取り組んでいる仕事の多くは、社会的に無意味、あるいは無価値なものである。

と容赦無い。

〇保守運用

保守運用を仕事にしている人は、自分の仕事に価値が無いと言われたら、カチンと来るだろう。
それでも、ちょっと冷静になって、自分の仕事は価値を生み出しているのか、もっと大きい価値を生み出す方法はないのか、客観的に考えてみるとよいと思う。

今現在は需要があるかもしれないが、昭和99年を維持する仕事に価値は無い。
昭和99年を維持する仕事は、大企業の古いITシステム以外にも結構ある。

再雇用や定年延長したような年寄りは「価値のない仕事」が無くなっても路頭に迷うことはないだろう。
しかし、「価値の無い仕事」をやっている若い人は、かなり大きなリスクを抱えている。

特に「価値の無い仕事」をあたかも価値があるかの如く刷り込まれた人は危ない。
「価値の無い仕事」をしている年寄りは、新しい技術を習得しようとしないだけではなく、新しい技術を習得しようとする人の邪魔をするから、新しい技術が習得できない体質になっている可能性がある。

昭和99年を維持する経営者や管理職が真っ当な経営者や真っ当な管理職に代わったら、もっと大きな価値を生み出す方法を選ぶだろう。
そうなった時にには、もっと大きな価値を生み出すための能力を持っていない者の仕事は無くなる。

若い人は、いつ辞めてもいいような年寄りと同じマインドで働いてはいけない。

〇1人情シス

情シス部門が置けないような職場では、低レイヤから高いレイヤまで何でもそこそここなせる人材は貴重だ。
つまり、需要がある。

ところが、新しい価値を創造していない仕事も多い。
そこそこできる情シスがいなければ、効率化や合理化を考えるだろう。
そこそこできる情シスがいるために、新しい価値を創造しない仕事が続いているという見方もできる。

「ほぼ1人情シス」を3年やってそんなことを思うようになった。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【ほぼ1人情シス

2024年7月 7日 (日)

情シス担当者のための相談所

Dell主催のセミナー「情シス担当者のための相談所」を聞いてきた。

Photo_20240707195001

〇クライアントPC
クライアントPC分野はコモディティ化しているから差別化は難しい。
Microsoft Copilotの試用会をやっていた。

〇サーバー
サーバー分野は、DellがVMWareを手放したことで困惑している顧客は多い。
Azure stack HCIを売ろうとしているようにも見えるが、ユーザは使い慣れたESXiから移行するのは難しいかもしれない。

クラウドブームに乗ってオンプレサーバをクラウドに移したけれど、思ったように効果が出ず、オンプレに回帰するユーザを取り込もうという戦略だろうか。

〇ブースセッション
日本AIコンサルティング
「具体的な導入テーマでわかる!ローカル生成AIから始める企業DXの「今」」
を聞いた。

自社のオンボーディング(新たに加わる人をなじませる取り組み)にローカル生成AIを使用した事例を紹介していた。

客観的データから意思決定の助けとなる情報を見つけるためにローカル生成AIが使用できる。
つまり、様々な場面でローカル生成AIを活用できる。

〇だって楽しじゃない
この会社では、プロンプトからSQLを発行するシステムを作っているらしい。
最近は賢いBIツールがあるから、わざわざ作らなくてもよさそうだけれど、
「だって楽しいじゃないですか」
らしい。👍


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【ほぼ1人情シス】【AI

2024年7月 1日 (月)

Goole検索を使いこなす子供

「Google検索使いこなす子供」に潜む"大きな問題"
検索で出た答えは正しい?若者に必要な視点
前田 圭介 : かえつ有明高等学校・社会科教員 (2024/05/22)

前田 圭介氏は

「タイパ」を意識する若者は粘り強く考えることができなくなっていて、倫理や哲学など答えがない問いを深く考えることが重要ではないか

とおっしゃる。

東洋経済だからだろうか「若者は」というスタンスに違和感を感じる。

若者論
「タイパ」を重視するのは若者だけではないと思う。
年寄りに効率が良い方法と悪い方法どちらを使うか尋ねたら、わざわざ効率が悪い方法を使うという人はいないだろう。

若者はICT機器が使えるから、検索エンジンやAIを使用することで効率を上げることができる。
年寄りは今時のICTの習得ができない(しようとしない)。
効率が良い方法がありながらそれを使えないから、若者論にすり替えているだけではないだろうか。

考えること
タイパを上げるためには、思考を省略しなければならない。
それは例えば、前田氏が指摘する「ネットの情報やAIの出力は正しいとする」ことだ。
「ネットの情報やA Iの出力は正しい」とすれば、それの妥当性を検証しなくて良いから効率的だ。
そして、短時間で情報を引き出す作業は練習すれば早くなる。
つまり、深く考えることなくタイパを上げることができる。

タイパを求める姿勢は、今時の若者に特有の特性でないと思う。
年寄りが若かった頃は、NETもGoogleもChat-GTPもなかったから、本を読むしかなかったけれど、本に書いてあることを鵜呑みにする人は多かった。
「本に書いてあることは正しいと」して、思考を省略していたのだ。

思考の省略
思考を省略しているのは、若者だけではなく年寄りも思考を省略しようとする。

自称評論家の中には、何かにつけ「海外では、欧米では」という「ではの神」がいる。
また政治家や役人は、欧米の施策を真似て「日本版◯◯」という施策を提唱する。
「海外の流行や、施策は正しい」として思考を省略しているのだ。

学校の勉強
受験のための勉強では、理解しなくても正解を答えればよいという風潮がある。
多くの人は理解に必要な期間より受験準備期間の方が短いから、効率良く正答するテクニックを磨くことになる。
それは、最近始まったことではなく何代も前から始まってたのだ。

結論
問題解決のツールとして検索エンジンやAIは積極的に使うべきだと思う。
ただし、学校の勉強とは違って実社会では、検索エンジンやAIの出力をそのまま適用できるケースは稀だから、検索エンジンやAIの出力を参考にして、正解を見つける能力を獲得する必要がある。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【AI

2024年6月28日 (金)

一字あけ <NET時代の文章の書き方>

一文字空けるか、空けないか…「紙に文字を書く」のが「ふつう」ではなくなった今、揺れ始めている「日本語の表記」
堀井 憲一郎 現代ビジネス (2024.06.08)

堀井 憲一郎 氏は

文の先頭を1字空けるのは、縦書き書籍を前提とした習慣だから、ネットに公開する文書では従わなくても良いのではないか

とおっしゃる。

最近ネットで話題になっているマル(句点)が普及したのは明治後期なので、高々100年そこそこだ。
モリサワ note編集部さんによると、文先頭の1字空けも同じ時期に普及した可能性があるらしい。

昔と違って、記録媒体、表示デバイスが多様だから、統一して基準を示すことは難しくなっている。
スマホなど、表示できる文字数が少ない場合は、読点の代わりに改行、句点の代わりに1行空けが読みやすいことがある。
一方で、SNSに長文の投稿は、句読点、先頭1字空けの方が読みやすいこともある。

Webで公開されるHTMLの場合は書き手が、表示を完全に制御することは難しい。
しかし、分かりやすい表現や文章の構成は書き手が制御できるので、
まずは、文章そのもの書き方を考えるのが良いと思う。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2024年6月25日 (火)

昭和99年のデジタル小作人

昭和99年のデジタル小作人:日経の見出しを吹き飛ばすべく野心とゲームチェインジの視点で成長のために貪欲に行動していこう!
note 森 浩昭 / Hiroaki MORI (2024/1/16)

刺激的なワード×2だ

昭和99年

昭和が終わって、バブルが弾けたのを機会に
コペ転すれば良かったのだろうが、思考停止してしまった。
これまで働いていた期間のほとんどが右肩下がりだったと思うと、忸怩 たるものがある。
これからでも遅くない。

デジタル小作人

嫌な言葉だ。
似たような言葉で「デジタル土方」という言葉がある。
「デジタル土方」は、多重請負の末端で働くIT技術者を、建築・土木業界で無くてはならいが評価されない土方に喩えた言葉だ。

「デジタル小作人」は、
耕作地を地主から借りて農作業をおこない、借地の対価として収穫の一部(大部分)を年貢として提供する農家のことだ。
地主は小作人の年貢で働くことなく裕福な生活ができるが、小作人は年貢が負担になるので生活に余裕がない。

「小作人」は搾取の代名詞として使われる。
「デジタル小作人」はIT業界でBigTechに搾取される人たちの意味で使っているのだろう。

これまでIT変革を拒んできたSIerや経営者は、IT技術者を「デジタル土方」にして搾取し、使い捨てにしてきた。
そして、気が付けば「デジタル地主」に搾取される「デジタル小作人」になっていたわけだ。

小作人を止めるには、耕作地を開墾するか、農地開放で社会構造を破壊するしかない。
経営者ができるのは、イノベーションを起こすことだろう。
しかし、昭和99年を生きている経営者にそれを期待することは無理かもしれない。


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと

2024年6月22日 (土)

AWS summit 2024 <もはやインフラ>

AWS summit 2024 を見に行った。
Awssummit2024
感想など
・熱気がある。先週のInterop2024とは熱気が格段に違う。
・若者が多い。オヤジはほとんどいない。
・今年のトレンドは「生成AI」
・AWSは社会インフラになる
・グローバル企業は、自社の製品ではなくビジョンを語る。

〇生成AI
業務システムに組み込むにはもう少し足りないところはある。
先進的な人(Early Adapotr)が興味を持っている時期を過ぎて、様子を見ていた人たち(Early Majority)に広がったのだろう。

〇AWSはインフラ
ICT分野の「インフラ」は、
 PC/OS→InterNet→クラウド
と高いレイヤに移ってきた。

インフラになると付加価値が高くなって、それより低いレイヤの付加価値は相対的に低くなり「社会インフラ」(普通にある)になる。

例えば、Inter Netがインフラになったとき、それまでインフラだった回線網は「社会インフラ」になって付加価値は低下した。
そして、回線関係の仕事は「土管屋」などと呼ばれるまでになった。
回線の障害が発生すると業務が止まる人がたくさんいるのに、評価されない。

近い将来AIがインフラになると、下位レイヤのクラウドは社会インフラになって、付加価値が低下するだろう。
そうなったときにAWSが何を売っているのか楽しみだ。

〇セッション
戸田建設の「プログラムを書けないゼネコン社員が、3 年でどこまでやれるのか ~戸田建設の技術的自立と現場力の向上~」が面白かった。
建設や事務の現場にいた、ITが専門ではない社員で業務支援システムを作った事例の紹介だった。
タイトルはシステム構築例のようだが、DX人材育成の成功例事例のようだ。

現場のニーズ、現場にあるデータは現場にいる人がよく知っている。
現場の課題を解決するには、現場の社員による内製化が良いとの判断だ。

彼らは、ネットワーク構築やサーバー構築の知見はないので、サーバレスで構築したそうだ。
オンプレから移行する場合や、後からクラウドを変えられるようにと考えると、IaaS上の仮想マシンにコンテナで構築すると融通が効くし、これまでの知見が使える。

しかし、ネットワークやサーバー構築の知見を持たない人・組織にとっては知見を獲得しなければならないから、人材育成には時間がかかり、内製化は難しい。

サバーレスにすると、アプリの知識・技能を獲得すればよいから、短期間で人材育成できて、内製化が可能になる。
さすがに基幹システムではないらしい。

〇基調講演
早期申し込みだったらしく、クッション付きの指定席で聞けた。
Aws Awssummit2024ticket
基調講演でAWS、SONY、ISpace、セッションでHONDAの講演を聴いた。
グローバル企業は自社の製品紹介ではなく、ビジョンを語っていた。

グローバル企業だからビジョンを語っているのか、ビジョンを語っていたからグローバル企業になれたのか?

〇若者が多い
オヤジが少なかった。
先週セミナーを聞いたときに冷房で寒かったのでスーツを着ていったら浮いていた。(^^:

オジサンたちトレンドをキャッチアップしなくていいのかな?
IBM方言やMS方言を知っているだけでは、若者が話すAWS方言が理解できないと思う。



最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【展示会

2024年6月12日 (水)

昭和歌謡の世界観 <松永依織の赤いスイートピー>

人様の歌を批評する知識も感性もないので、ただの感想です。

松永依織さんは Blitz Wing所属のVSingerで、第2回VTuber歌唱王の後くらいから聴き始めた。
その松永依織さんが歌姫ソング歌枠配信で「赤いスイートピー」と「川の流れのように」を歌っているのを聞いたら、違和感を感じた。
第2回VTuber歌唱王で準優勝されたくらいだから、歌唱技術の問題ではないだろう。

なぜ違和感を感じたのか考えてみた。

松永依織さんの「赤いスイートピー」は、オヤジが聞いていた松田聖子さんの「赤いスイートピー」とは、世界観がかなり違っていた。
ちょうど良い言葉が見つからないので「世界観の違い」というあいまいな言葉になるのだけれど、「世界観の違い」が違和感の元ではないかと思う。

昔々、アイドル松田聖子が歌う「赤いスイートピー」は毎日のようにテレビやラジオで流れていたが、当時、聖子ちゃん推しではなかったので、その世界観に浸っていたわけではなかった。
それなのに、なぜ世界観に違和感を感じたのだろうか?

おそらく、松田聖子さんの「赤いスイートピー」を聞くことで、その歌が流れていた頃の記憶が蘇っているのではないだろうか。
つまり、松田聖子さん歌唱は昔の記憶が蘇るためのトリガーだ。

松永依織さんは若そうだから、若い頃の松田聖子さんの歌を聞いたことはないだろうし、あえてオリジナルに寄せる歌い方をせず、歌詞と曲を自分の解釈で歌ったのだと思う。
だから、松永依織さんの「赤いスイートピー」ではトリガーがかからなかったのだろう。

つまり、違和感の正体は世界観が違うのではなく「あのころの記憶」が蘇らなかったことだろう。

若い頃、年寄りはなぜ懐メロが好きなのだろう?と思っていた。
年寄りは、昔の記憶に浸るために昔の歌(懐メロ)を聞くのではないだろうか。

とすると、「赤いスイートピー」は懐メロかぁ


「世界観」というあいまいな表現を使っていますが、「世界観」は「その楽曲と歌唱の印象、歌唱から想起される情景および主人公の感情」くらいの意味で使っています。



最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【Vtuber

2024年5月 8日 (水)

第二回VTuber歌唱王 <富士葵の大御所感>

2024/5/4に開催された第二回VTuber歌唱王を見た。
優勝した富士葵さんおめでとうございます。

歌を評論する知見はないので、富士葵の大御所感について考えてみた。

前置き
2D、3Dアバターで活動するUTuber(VTuber)の活動は、歌やゲーム実況、企画動画、雑談配信などの分野がある。
その中で、もっぱら歌をメインに活動しているVTuberはVSingerと呼ばれている。

VTuber歌唱王は、VSingerや歌うまVTuberが採点機能付きカラオケで競う企画だ。

前回は歌った4曲が全て95点以上を出した獅子神レオナさんが圧倒的な強さで優勝した。
今回は決勝まで全て95点以上で歴代最高得点を出した松永衣織さんが圧倒的な強さだったが、惜しくも準優勝だった。
優勝したのは、決勝で高得点を出した富士葵さんだった。

企画の趣旨は、誰が上手いかを決めるのではなく、所属事務所を超えて歌が好きな人が集うことらしい。
歌うまは主観的なものだから、カラオケの採点機能で測れるものではないけれど、うまい人は高得点を出す技能を持っていて、あざとくなくその技を発揮できる。

今回は本番前に主催者の律可さんとのコラボ配信で1人づつ出場者が紹介された。
最初に発表されたのが富士葵さんだった。
富士葵さんは、活動歴も長く、メージャーデビューしているし、何度も単独ライブに出演し、Fesの常連だし、カラオケで高得点を出す歌い方もできる
歌うまとしての意外感は無ので、最初に発表されたのだろうか。

この配信を視聴したときに感じたのは、富士葵の大御所感だった。
歌だけではなく企画動画も多いし、他のライバーとのコラボ配信も多いし、安定感がある。悪く言えば意外感は無い。

2人目に発表されたのが松永衣織さんで、この配信ではじめて聞いた。
流石に歌専門の事務所に所属しているだけのことはある。
主催者は松永衣織さんが本命と思っていたのではないだろうか。

前置きが長くなってしまった
人は努力してその分野の第一人者になって、大御所と呼ばれるようになると驕ってしまう。そして、成長が止まる。
第一人者としての評価基準は過去のものだから、成長しなくなると、「昔第一人者だった人」になる。それが大御所の宿命だと思う。

大御所になると、新しい挑戦をしなくても一定の評価は得られる。
例えば、人が採点すると大御所に忖度したり、固定観念でバイアスが生じる。
ところが、この企画では採点は機械だ。
機械は大御所でも忖度しない。高得点が出ない可能性はあるから、大御所が挑戦するとリスクが大きい。

機械採点で高得点を出すには、高得点が出る歌い方を研究して、緊張する状況でも練習どおり歌えるように練習するしかない。
だから、優勝したことよりも、大御所というポジションに驕ることなく努力したことを評価したい。

富士葵さんはVTuber歌唱王の称号を得たのだが、大御所やレジェンドにならないでほしいと思う。
進化を続けると、Vtuberに収まらなくなるかもしれないけれど、応援し続けたいと思う。


第二回VTuber歌唱王参加者


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【Vtuber

2024年4月22日 (月)

心に折り合いをつけてうまいことやる習慣

心に折り合いをつけて うまいことやる習慣
 中村恒子 奥田弘美
 株式会社すばる舎

Photo_20240421203601

中村恒子先生は、
抱えているもの、背負っているものをできるだけ下ろして、軽く生きておられるように見える。

そのような生き方ができるようになるまでには、語られていない多くのご苦労があったのではないかと思う。

いまかかえている重いものは誰かが降ろしてくれるわけではなく、自分で下ろすしかない。
下ろせないなら、向き合うしかないけれど、必要以上に苦しむ必要はないということか。
年の功だなあ。

私の座右の銘の一つは、「一隅を照らす存在になれればよし」というものです。
 成功や活躍せずとも、自分の置かれた環境で一隅を照らしていければええ。そんな考え方です。
 職場でも、家庭でも、自分のまわりにいる人に温かい光をささやかでも送れればそれでええやないかと思うのです。

とおっしゃる。

11年前に、一隅を照らす(2013/04/04)について書いていた。
読み返してみると、自分の考え方より中村恒子先生の方が軽いなぁ~と思う。
(「軽い」は軽薄ではなく軽やかという意味)


最近の投稿
Yoshiのよしなしごと】【Yoshiのブログ】【よしなしごと】【雑誌・書籍

より以前の記事一覧